06. 06. 30

위안의 샘 癒しの泉

--------------------------------
2006년 5월 22일(월요일)(PM12:1612:30)
성모 마리아님으로부터의 공적 메세지(1)
(테라사와 순교 공원, 순교비의 측에라고)
2006年5月22日(月曜日)(PM12:16~12:30)
聖母マリア様からの公的メッセージ(1)
(寺沢(Terasawa)殉教公園、殉教碑の側にて)
--------------------------------
성모 마리아님:聖母マリア様:
 사랑하는 아이들, 여러분들을 축복합니다.이 토지를 축복합니다.
성모가 축별 한 샘을 줍니다.사제의 축복을 부탁합니다.
 愛する子ども達、あなたがたを祝福します。この土地を祝福します。
聖母が祝別した泉を与えます。司祭の祝福をお願いします。

쟌·메리 신부:ジャン・マリー神父:
 전능의 신, 아버지와 아들과 성령이 이놈등을 축복해 급왕일을.아멘.
(순교 공원과 주변의 토지, 건물, 사람들을 축복한다……)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
(殉教公園と周辺の土地、建物、人々を祝福する……)

성모 마리아님:聖母マリア様:
 이 부근에 성당과 수도원을 세워 주세요.성모로부터의 부탁입니다.
여러분들을 축복합니다.아버지와 아이와 성령과의 어명(보는거야)에 의해라고.
아멘.
 この近辺に聖堂と修道院を立ててください。聖母からのお願いです。
あなたがたを祝福します。父と、子と、聖霊との御名(みな)によりて。
アーメン。

--------------------------------
2006년 5월 22일(월요일)(PM12:5713:14)
성모 마리아님으로부터의 메세지(2)
(테라사와 순교 공원, 순교비의 측에라고)
2006年5月22日(月曜日)(PM12:57~13:14)
聖母マリア様からのメッセージ(2)
(寺沢殉教公園、殉教碑の側にて)
--------------------------------
성모 마리아님:聖母マリア様:
 여러분들에게 성모가 부탁하고 싶은 일이 있습니다.부디 여기에 세워
수도원에서, 리틀·수정을 위해서 비는 시간을 가져 그(리틀·
수정)을 위해서 마음을 합치고 기원을 해 주세요.아이들을 풍부하게
축복합니다.수도원을 리틀·수정을 위해서 봉헌해 주세요.
여러분들을 풍부하게 축복합니다.많은 순교자와 함께 축복합니다.
사제의 축복을 부탁합니다.
 あなたがたに聖母がお願いしたい事が在ります。どうか、ここに立て
られる修道院で、リトル・ペブルのために祈る時間を持って彼(リトル・
ペブル)のために心を合わせて祈りをしてください。子供たちを豊かに
祝福します。修道院をリトル・ペブルのために奉献してください。
あなたがたを豊かに祝福します。多くの殉教者とともに祝福します。
司祭の祝福をお願いします。

쟌·메리 신부:ジャン・マリー神父:
 전능의 신, 아버지와 아들과 성령이 이놈등을 축복해 급왕일을.아멘.
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 성모 마리아님으로부터 리틀·수정씨에게의 메세지 】
【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

성모 마리아님:聖母マリア様:
 사랑하는 정배인 바위야, 당신에게 축복을 보냅니다.당신에 대해서,
「신부 사랑」을 가지고 몸을 바치는 사람들을 이 테라사와의 땅에 보냅니다.구멍
는 하나님의 베품을 앞으로도 풍부하게 받습니다.사랑하고 있습니다.축복을 보내
.아버지와 아이와 성령과의 어명에 의해라고.아멘.
 愛する浄配である岩よ、あなたに祝福を送ります。あなたに対して、
『花嫁の愛』を持って身を捧げる人々をこの寺沢の地に送ります。あな
たは神の恵みをこれからも豊かに受けます。愛しています。祝福を送り
ます。父と、子と、聖霊との御名によりて。アーメン。

| | Comments (0)

06. 06. 07

아래의 일본어 번역

아래의 appeal는, 2006년 6월 4일, 서울에서, 레드·데비르즈의 집회에서 배부되었다.
이것은, 그 일본어역이다.

--------------------------------
2006年6月3日AM10:40~11:14
韓国の殉教者、シストとカタリナ夫妻からのメッセージ
(韓国 ソウル リバーパークホテル707号室にて)
--------------------------------
韓国の殉教者、シスト:
 愛するマリー・マドレーヌにシスト(Xyst)がお話しします。
 ミシェル・マリー・フランソワと、マリー・マドレーヌ、私はあなたがたを励ましに来ています。体をもって捧げる犠牲は、イエズスの十字架を身にまとっているのと同じで、一番良い生贄です。恐れないで、痛みを負ってください。特に今、ミシェル・マリー・フランソワは、いままでにないほど肉体的にも精神的にも大きな犠牲を捧げています。苦しみがあまりにも激しいとき、神を見失ったかのように思われるかも知れないけれど、神はどこまであなたが耐えることができるかをご存知でいます。あとわずかな旅行の期間、若者に向かって働きかけようとしています。マリー・マドレーヌに話します。弱さを感じて、意志が奮い起こせなくなっているのを私は知っています。
 韓国の愛する人たちは、信仰を持っているけれど、勇敢さが欠けています。情熱的に魂を注ぐ事について、真理に眼をそむけてしまっているので、本人は情熱を持ってして進んでいると思っても、神に眼を向けていないので、空回りしています。魂が負けないように私はあなたがたを励まします。日本人と韓国人の持つ感情や国民性は違うので、マリー・マドレーヌは恐れているかも知れないけれど、3人が一緒だから、大丈夫だし、もっと韓国のことがわかるようになります。若者を私たちは愛しています。一緒にいます。どうか司祭(ジャン・マリー司祭)についていってください。いつもどこにいてもシストとカタリナ、そして韓国のために殉教をした人たちは一緒にあなたがたを支えて守ります。愛に感謝しています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

韓国の殉教者、カタリナ:
 愛する韓国の女性たちにカタリナが話します。あなたがたの生活を見て、私は、困っている人たちに手を差し伸べて助けてあげているのを嬉しく思います。でも、形だけにならないようにしてください。とっても力強く生きぬくために一生懸命に戦っています。愛情豊かに繋がってください。どうか生まれたところによってその人を悪く見たり、言ったりしないでください。分裂をしてほしくありません。カタリナからのお願いです。どうか仲良くしてください。司祭の祝福を韓国の人々にお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

| | Comments (0)

mm20060603_(1)

Korea_04

| | Comments (0)

mm20060603_(2)

Korea_05_4

| | Comments (0)

06. 06. 06

mm20060531(日本語)

--------------------------------
2006年5月31日PM23:40~6月1日AM0:43
イエズス様、マリア様、ヨゼフ様、
シストとカタリナ夫妻殉教者からの公的メッセージ
(韓国 ソウル、リバーパークホテル707号室にて)
--------------------------------
主イエズス様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。イエズスがあなたがたに話をする。
 シストとカタリナ夫妻殉教者と、韓国の殉教者のことはあなたがたの見て、感じているように、韓国の人々は知らないでいるし、また聖母マリアを始め、天の出現に対して、心が閉ざされている。しかし、韓国の人々は、神がまことの支配者である事を知らねばならない。特に、カトリックの司教や司祭たちはリトル・ペブルに繋がる人を弾圧したために、心が鈍くされてしまった。むしろ、信者よりも未信者の人たちを神は導く。
 あなたがたは、韓国の人々が信仰をあかししていることを見ている。けれども、権力に対して弱く、迫害が起こると名前を隠さずに出していても圧力に屈服してしまう。彼らの救いのために祈りなさい。便利な生活、豊かな生活を求めている彼らは、無防備であって、何がこの先あるのかを知らないで過ごしている。神がリトル・ペブルを通して語った韓国の人々の大困難は迫ってきている。韓国の人々の中にリトル・ペブルに身を捧げる人々が1日も早く起されるよう、あなたがたは祈ってほしい。そして、リトル・ペブルのもとに司祭たちが帰ってくるよう、祈ってほしい。

 あなたがたは韓国の殉教者の取次ぎが本当に真実であることを身を持って知るようになる。彼らの勇気ある行いをどうか覚えて、これからも韓国の人々の救いのために働いてほしい。神は韓国が失われないように、絶えず神に忠実なリトル・ペブルを通して、またあなたがたに神の計画を知らせていくので、リトル・ペブルのゆえになされる神の事業に加わって協力をしてほしい。
 イエズスは、あなたがたの行くところにいつもいて、あなたがたを支えていく。一人も滅びることがないように祈ってほしい。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母があなたがたを祝福します。
 聖母のもとにみな帰ってきてください。愛する韓国の人々に聖母は呼びかけます。聖シャーベル修道会の創立者、リトル・ペブルは神が立てた預言者であり、最後の教皇として、反キリストと戦い、世の終わりまで治めることが神によって定められています。
 韓国の若い人々に聖母は呼びかけます。いま、教会から離れている人たちはどうか真理を求めてください。愛しています。シストとカタリナ夫妻殉教者と、韓国の全ての殉教者があなたがたの味方です。どうか巡礼に来て、神に出会ってください。神はこのままあなたがたが滅びるのを望まれていません。
愛する子供たちを慰め、マントで覆います。イエズスの聖心の中に飛び込んでください。そして、聖母のもとに来てください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖ヨゼフ様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。ヨゼフがあなたがたにお話する。
 ヨゼフは世界中の子供たちのためにとりなしている。韓国の将来について、以前、話したように、彼らは何も知らないで共産主義の人たちに身を任せようとしている。過去の歴史から学んでいない。アウシュビッツで、どんなことが起こったか、また、今も各国で何が起きているのか、知らないでいる。ある国では核兵器を整えていつでも攻撃できるようにちゃくちゃくと準備を進めている。今のうちに神に立ち返るよう、ヨゼフはあなたがたにお願いする。北朝鮮の政治家は彼らを安心させようとして、動いているけれども、残念ながら彼らは核爆弾を持っている。リトル・ペブルの言った事は真実であり、彼が何度も手紙に書いている事は、天が彼に見せた事である。愛する子らよ、今のうちに神に立ち返りなさい。司祭の祝福を、特に韓国の人々にお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

シストとカタリナ夫妻殉教者:
 愛する子供たち、シストとカタリナがあなたがたのために救いを願って神に取り次いでいます。日本に私たちがつれていかれて、秋田の地で殺されて殉教したのは全く真実です。愛する韓国の人たちに私たちはいつも愛を注いでいます。あなたがたを愛しています。あなたがたの熱心でまっすぐに真理を求める心をどうかもう1度奮い起こしてください。周りを見てはいけません。
 イエズスと、聖母マリアの贖いによって、人類は救われ、罪が許されます。そして、神が兄弟たちの中に送った預言者、そして、最後の教皇として世の終わりまで治めることになっているリトル・ペブルに仕えてください。あなたがたを愛しています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

| | Comments (0)

lp19960601(日本語)

--------------------------------
リトル・ペブルに与えられたメッセージ
- No.519 1996年6月1日 -
--------------------------------
http://www.shoal.net.au/~mwoa/index.html
http://www.shoal.net.au/~mwoa/the_messages/m519.html

主:
 私はあなたに挨拶する、我が愛する息子、地上の我が家の未来の代理者、私たちの小さな「岩」、「ペトロ」よ。私はあなたに挨拶する、我が愛する息子「小さきバルトロメオ」、そして我が最も聖なる御母のすべての弟子たちよ。私はここにいる、そして世界中にいるダビド王家の我が恵みの子供たちに挨拶する。……

……我が親愛なる子供たちよ、反キリストの時は来た。あなたたちはしばしば、何千もの子供たちを通して、我が最も聖なる御母が話されることを聞いた。この時に人類が備えるように、道を整えよと。しかし、実際のところあなたたち理解していない。今、悪の力は非常に顕著である、我が甘美なる子供たちよ。なぜなら、人類の罪のゆえに、神は彼の子供たちに対する保護をある程度取り去り、悪の力が霊魂たちを手に入れることをおゆるしになったからである。
 絶え間なく祈りなさい、我が甘美なる子供たちよ。あなたたちを保護するために天使たちの助けを捜し求めなさい。決して彼らを忘れてはならない、彼らは暗黒の時の光となるであろうからである。まもなく警告が世界に送られるであろう。このことは、人類が彼らの神、すなわち私からどれほど遠ざかってしまったかを照らすために、私によってゆるされておこるであろう。この印は、全ての者によって認められるであろう。我が甘美なる子供たちよ、それは「大警告」ではないが、より小さなものである。我が子供たちのすべては真理を認めるであろう。いくらかの者たちはそれがいと高きものからきたこととして認めるであろうが、ほとんどの者たちは、それを自然現象と思うであろう!
 すぐに、我が甘美なる子供たちよ、偉大な人物(訳注:アラファト議長)が暗殺によって、パレスチナから取り去られるであろう。そして国々の間で血が流されるであろう。イスラエルとパレスチナは戦争へと向かっていくであろう。そして多くの近隣諸国はこの紛争に巻き込まれていくであろう - 超大国でさえも。それゆえ、これらの国の無垢な者たちのために祈り、祈りなさい。しかし、彼らの血を流すために、彼らの命は捧げられるにちがいない。ポーランドのために祈りなさい、我が甘美なる子供たちよ、ロシアがこの国に再び侵入するであろうから。朝鮮半島のために祈りなさい、韓国は北朝鮮によって一瞬にして攻撃されるであろうから。我が甘美なる子供たちよ、カナダのために祈りなさい。なぜなら、それは今、平和のように見えるけれども、基礎となるこの平和は裏切られ、分裂がおこるであろうから。多くの血が流されるであろう。……

リトル・ペブル:
 聖母は今、主の側に戻られます。主はエルサレムのビジョンを展開なさっています。それは同時に別の映像を見ることに似ていますが、私は「岩のドーム」が吹き飛ばされているのを見ることができます。主はそれが起こり、反キリストがイスラエルの(偽りの)救い主として来るであろうと説明してくださいます。主はポーランドの一部を見せられます。それはポーランドの北部 - 東北部のように見えます。私はそこで戦車が移動しているのを見ます。そこにある国境線沿いに紛争があるように見えます。今それは消えました。私は朝鮮半島が見えます。それは南北の軍事境界線だと思います。それらは隠されているように見えますが、軍事境界線の上に韓国に侵攻するために待機している何百機もの軍用機があります。主はアメリカ合衆国の時期大統領のために祈るように頼まれました。主が政治的なことについてお頼みになることはめったにないことですが、主は私たちにドール、……ドール上院議員のために祈るようにお頼みになりました。主はそれがたいへん重要なことだとおっしゃいました。主は、香港と台湾の人々のために祈るように頼まれました。……

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

Appeal | diary | Message from Heaven | Photo