« 2018年5月 | トップページ | 2018年11月 »

今日6月20日はリトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」の創立記念日。

ちょうど4周年だよ。
ぼくらはヨゼフパパに対して、下記のような奉献をしたよ。今日4周年目に
あたって、下記の奉献を更新するよ!
-------------
 私はヨゼフパパに身を捧げます。たった今から、私を支配するのは悪魔ではなく、ヨゼフパパです。どうか私を支配してください。
 ヨゼフパパは私の全てを守り、配慮する責任を負ってください。私は超最低最悪と最低最悪の霊魂を、ご自分のいと清きみ心に入れて、天国に裏口入学させるという、ヨゼフパパの使命を、ヨゼフパパに成就させてあげる責任を負います。
2014年6月20日
コルベ・マリー・ジョン阿部哲朗
2014年6月20日 ヨゼフパパ代理 ジャン・マリー神父

| コメント (0) | トラックバック (0)

リトル・マグダレーナに与えられた天からのメッセージ

2018年6月15日PM4:30
マリアママ「14万4千人のシナリオが新しく変更された日は2018年6月15日。ジャン・マリーを愛し、信じ、ジャン・マリーに従うことが条件です。」
 特にジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネを受け入れることができるかが この時代の「ふるい」になる。
 神ちゃまはリトル・ノアであるジャン・マリー神父を通して 人類のやりなおし教会のやりなおしをすることに決められた。14万4千人のシナリオもジャン・マリー神父を愛し、信じ、ジャン・マリー神父に従うことが条件になる。
 名古屋と秋田のペトロの箱舟の乗組員たちが そのかわきりになる。
 ジャン・マリー神父の羊たちは、罪によごれくさった最低最悪の霊魂たち、セックスワーカーたちであり、品行方正な既存のクリスチャンたちではない。
 神ちゃまは聖シャーベル修道会も、既存のカトリック教会、プロテスタント教会も使わないとおっしゃっている。神ちゃまは罪によごれくさった最低最悪の霊魂たち、セックスワーカーたちの中から ジャン・マリー神父を愛し、信じ、命をかけてついてくる羊たちをもちいるとおっしゃっている。
 ジャン・マリー神父のとりつぎにより、来年の5月1日から153年間、ヨゼフパパのごほうびの時間が与えられた。
 ジャン・マリー神父を愛し、信じ、従っていくものは、14万4千人に選ばれ、外自然(プリターナチュラル)のたまものを与えられて、反キリスト ロード・マイトレーヤの陣営と戦っていくことになる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

マリアママのご出現 リトル・マグダレーナを通して

2018年6月16日(土)AM7:50
マリアママ「愛するジャン・マリーについてくる人たちは、リトル・ぺブルの光の戦士として働きます。愛する我が息子は、命がけでついてくる14万4千人をひきいて、リトル・ぺブルが勝利するための準備をします。
 愛する我が息子に信頼して信じて、愛してくるまっすぐな霊魂たちは、愛する我が息子が、全てをリトル・ぺブルのためにささげているのを見て、ジャン・マリーの為に死のうと思います、といって、勇かんに戦うでしょう。
 セックスワーカーとか、こじき、売春婦たちも、愛する我が息子の福音に接します。それで彼らもついていきます。本当のことを言っているのは誰なのか、いつわりを言っているのは誰なのか、彼らは見抜きます。
 リトル・ぺブルは今のところ、残念ながら、愛する我が息子をうけいれられないため、奇跡が起こっても信じないので、愛する我が息子のおこしたヨゼフパパファンクラブに対して、悪魔のしていることだと断定してしまいます。そのことばは、預言者として、決定的なことばなので、リトル・ぺブルだけにたよろうとする人たちは、それを信じます。
 愛する我が息子を信頼して、愛して、信じて従う人たちは、どうようしますが、愛する我が息子が力づけるので、前よりもいっそう固く愛して、信じて、従います。リトル・ぺブルのことは、愛する我が息子をうけいれる時までは、変容は起こりません。むしろ、彼が愛する我が息子に対して、土下座して、あやまって、心からの痛かいをもってわびた時、ことが変わります。
 愛する子どもたち、リトル・ぺブルは、慎重な人なので、激しいことをしたり、激しい意見をいったりする人を、警戒の目で見てきました。愛する我が息子は、英語ができなかったため、自分を弁明することはできませんでした。
 リトル・ぺブルは、ざんげんを信じてしまいました。愛する我が息子に、罰に罰を加えて、今もその罰をといていません。愛する我が息子は、課せられる罰の重みで、今でも苦しんでいます。天が、愛する我が息子の味方になります。どんどん、天の援軍をおくっています。
 愛する子どもたち、命がけで福音を伝える我が息子に信頼して愛して、我が息子に従って下さい。聖母は、全滅しかかった聖母の軍団を、又、起こそうとしています。14万4千人をかわきりに、聖母の軍団が起こされていきます。
 愛する我が息子が「多分身存在と奇跡のセックス」という手段を用いて、一人一人の霊魂に直接、語るので、今までとはちがいます。男の人たちは、多分身存在だけで、我が息子の望みをくみとっていきます。
 今まで、品行方正の人たちが、神の戦士としてえらばれ、生きた聖人もでました。でも、彼らは全滅してしまいました。愛する我が息子の福音のことばを聞いて、ハートのある人たちが、ついていきます。子どもたちを祝福します。どうか、愛する我が息子に、耳をかたむけて下さい。司祭の祝福を、これを読む全ての子らと、予定されている14万4千人の人たちにおねがいします。(祝福)

| コメント (0) | トラックバック (0)

リトル・マグダレーナに与えられた天からのメッセージ

2018年6月11日(月)AM10:00
マリアママ「まず、インスピレーションを話して下さい。」
ジャン・マリー「コルベ・マリー・ジョンは、使徒パウロ役のリトル・パウロ、フランソワ・マリーは使徒バルナバ役のリトル・バルナバ。」
マリアママ「愛するコルベ・マリー・ジョンとフランソワ・マリーのことで、聖母がおはなしします。リトル・パウロ役のコルベ・マリー・ジョンは、本当に異邦人のために働く使徒になります。パウロがローマを中心に宣教活動をしました。コルベ・マリー・ジョンは、遠くへ行くということではなくて、ここ、清水小屋中心に働きます。エリヤの精神をもつコルベ・マリー・ジョンですが、幻視によって、多くのことが与えられていきます。
 リトル・バルナバ役のフランソワ・マリーも、名古屋を中心として、特に子供たちを面倒みます。「バルナバ」という意味は、「なぐさめの子」です。フランソワ・マリーは、子どもや老人から好かれ、女の人にたよられる司祭になります。使徒ですから、たくさんの啓示もうけます。
 愛する我が息子が、非常に苦しんだのは、使徒という役がらが、非常に重い使命をともなっているからで、使徒は殉教しないというのが今までのシナリオでした。しかし、三人の使徒たちが殉教します。そして三日後によみがえります。そういうわけで、使徒としての働きが、どういうものかを、三人は聞いて、愛する我が息子から学んでいって下さい。
 フランソワ・マリーは、本当に忠実に神秘的なお仕事をしてくれています。フランソワ・マリーにしかできないことを、天が用意しています。コルベ・マリー・ジョンの使徒パウロとしての役わりは、ネット上での戦いと、それにともなって文章をたくさん書きます。使徒パウロがたくさんの手紙を書いたようにです。
 これで大まかに説明はしましたが、三人の使徒が、愛する我が息子についていきます。どうか、今日というこの日を忘れないで下さい。今日は、バルナバの祝日です。本当につくしたバルナバのことを、みんなで語りあって下さい。祝福します。司祭の祝福を、使徒リトル・パウロ=コルベ・マリー・ジョンと、使徒リトル・バルナバ=フランソワ・マリーにおねがいします。」(祝福)

| コメント (0) | トラックバック (0)

リトル・マグダレーナに与えられた天からのメッセージ

2018年5月29日(火)AM7:59
マリアママ「ラフマニノフは天国にいますよ。ブラームスが天国。シューベルトも天国。ヘンデルが煉獄。ハイドンも天国。ヴィヴァルディは煉獄。煉獄の人は祈ってあげて下さい。長いこといますので。だれも祈ってません。ドヴォルザークは天国。スメタナも天国。絵かきさんのことは、リトル・マグダレーナは知らないので。音楽家のことは知っているし、おぼえてほしくて、祈ってもらいたくて、それでいいました。」
ジャン・マリー「これは、マリアママ、秘密?」
マリアママ「公開していいですよ。批判をうけるかもしれませんけど、それは問題ありません。」
マリアママ「他に、天国はベートーヴェン。ショパン。リスト。煉獄は、ヨハン・セバスチャン・バッハ。ロベルト・シューマン。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトです。」
2018年5月30日
マリアママ「チャイコフスキーは天国にいます」

| コメント (0) | トラックバック (0)

リトル・マグダレーナに与えられた天からのメッセージ

2018年5月26日(土)AM12:15
リトル・マグダレーナ「ジャン・マリー、目にあったかいものがあるんだけど。ずっと。」
マリアママ「脱魂」
リトル・マグダレーナ「どんどんうごいていって、煉獄にいくみたい。」「祈って下さいっていう人がいる。会った。」
「神さまをいっぱい悲しませちゃいました。修道女です。」
リトル・マグダレーナ「今、一人がおわって、私も修道女ですっていう人が来た。」
「おこたりの罪を何どもおかしました。それと神さまを一番あこがれなければいけないのに、それとはまったく逆で、あこがれるどころか、イエズスに対して忘恩の言葉をいっぱい言いました。地獄に行きそうでしたが、あわれみによってすくわれました。
 みなさんに言いたいことがあります。イエズスは、だれからも、一番、愛されたいと望んでいます。イエズスのことがよくわからない人、イエズスよりも、他の聖人に行きやすい人は、その聖人を通して、イエズスがどういう方かを知ってほしいのです。
 イエズスは、神ちゃまだから。こわいと言っている人、その人も、聖人をとおして、又、マリアママを通して、ヨゼフパパを通して、イエズスが、愛にうえている方だということをしってほしいのです。
 イエズスが、私たちにいだいている愛は、とほうもない愛で、心が燃えてしまいそうです。ある神秘家は、イエズスの一致のほのおで、心がとけてしまったと言っています。ひとりひとりのれいこんにあったしかたで、イエズスは、はたらかれます。イエズスのもとに来て下さい。私のために祈って下さい。」
リトル・マグダレーナ「お名まえは?」
「アガタといいます。れんごくのそこには落ちませんでしたが、長いこととどまっています。解放を願っています。祈って下さい。」
ジャン・マリー「最初に会った人の名まえは?」
「ルチアです。」
リトル・マグダレーナ「今、暗いところを出て、明るいところにきた。すごい、なんか、かいかつな女の子が、「マリア様が大好きで」ではじまった。
「いつもマリアさまに祈っていました。祈るのが当然だと思っていました。マリアさまのことが、そんなに好きでない人にであった時、私は、マリアさまのことを好きにならなきゃダメよ。と言いました。その女の子は、どうして好きになれないかを言いました。お母さんとのかさねあわせで、マリアさまがこわいと言っていました。私は、いっしょに祈りましょうと言いましたけれど、その女の子は、祈ってはくれませんでした。
 私は、そのあとずっと、女の子のことが気になって、助けて下さるようにと祈っていました。私みたいに、すなおにマリアさまが好きになれる人と、そうでなくて、傷がもとで、マリアさま恐怖症をかかえている人がいるんだとわかりました。
 みなさんにおねがいがあります。日本人は特に、天の父なる神さまのことは、あまりよくわからないとおもいます。あわれみぶかくて、罪をゆるして下さる神さまだけでなくて、本当に痛悔する人、へりくだる人がいると、愛のまなざしを、いっそう強めて下さいます。
 アッバお父ちゃんは、ユーモア好きです。こんなこと言っていいのっていって思って、口に出したら、それが、みんなをどっと笑わせるあたたかいおはなしだったりしますよね。アッバお父ちゃんは、みんな子どもたちを愛して祝福しています。神さまがわからなくて、じょうだんを言ったりして、ある時、傷ついた人がいるかもしれません。
 日本人は、神さまというと、遠い存在で、罰するかたとしかみえていません。いつくしんで下さるということが、わからないのです。神さまを知るには、やはり、おん子イエズスさまを知る必要があります。
 イエズスさまご自身が、おん父のことをはなしてくれます。又、神父さまや、このペトロのはこぶねの、のりくみいんたちが、はなしをしてくれます。ひとりひとりの体験談は、すごく個性があって、みりょく的です。どうか、アッバお父ちゃんに甘えて下さい。ヤシンタからのおねがいです。おわり。」
リトル・マグダレーナ「煉獄から出た。」「今、ずっとうごいてね・・」「パラダイスに行くよっていってる。だれか、ケルビムちゃんがおしえてくれた。」
「すごい階段をあがってるような感覚。前がすごい明るくなってきた。まよなかなのに、こんなに明るい。リトル・マグダレーナは、パラダイスに行ってから、色がわかるようになるので、今は、明るいとか、暗いとかしか言えない。
 ほんのちょっと暗くなってきた。パラダイスにいるんだけど、ジャン・マリーのお母さんの声が聞こえた。『祈ってくれてありがとうって。私、しあわせだ。』そうお母さんは言った。静子さん、うれしそう。まさえちゃんといっしょにいるみたい。
 マリアさまが、今日はこれを見せたくて、パラダイスに連れてきました。我が息子といっしょによろこんで下さい。もう、脱魂は終わったみたい。」

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年11月 »