« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

日本のこれからのことと、雅子妃殿下について

日本のこれからのことと、雅子妃殿下について
【 YouTube 】
マグダラのマリアねーちゃんからのメッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=EE1a3eqbTwQ


-------------------
2010年11月27日 AM7:23
マリー・マドレーヌ・ダニエル・ソーンブッシュに
与えられたマグダラのマリアからのメッセージ
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
--------------------
マグダラのマリアねーちゃん:
 愛するリトル・ペブルにマグダラのマリアがお話します。日本のこれからは変わろうとしています。来年の1月には3度のテロが東京で起き、1月31日には関東大地震が起きます。

 リトル・ペブルにお願いします。多くの人が亡くなるので、その霊魂の安らぎを願ってください。天国にいけるように願ってください。決して地獄を選ばないように願ってください。

 本当に、2011年から大変な時を迎えます。ベネディクト16世教皇も亡くなります。反教皇が立てられます。リトル・ペブルあなたはほんとうにこれから戦いに出ます。どうか日本の地で戦ってください。天皇陛下といっしょになって日本で進んでください。

 祝福します。司祭の祝福をリトル・ペトロ・アブラハム2世教皇にお願いします・


ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


マグダラのマリアねーちゃん:
 ジャンマリーにききたいことがある?

ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 雅子さんのこと、なにか天は雅子さんに用意している?


マグダラのマリアねーちゃん:
 愛する息子ジャンマリー司祭の質問に、マグダレのマリアが答えます。雅子妃殿下は神秘家に立てられています。深い傷を負った雅子妃殿下は美智子皇后陛下とともに神秘家の道をあゆみます。このことを伝えます。祈りに加えてあげてください。祝福します。司祭の祝福を雅子妃殿下にお願いします。


ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 雅子妃殿下は最初に誰のご出現をうけるの? そして、いついやされるの? どうやって癒されるの?


マグダラのマリアねーちゃん:
 愛するジャンマリー司祭の質問にマグダラのマリアが答えます。雅子妃殿下には、マグダラのマリアがおはなしします。そしていついやされるかについてですが、愛する息子、ジャンマリー司祭が皇居に行った時に癒されます。お話して、手を体に置いて癒してあげてください。父と子と聖霊のみ名によりて、アーメン。

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京でのテロは2011年1月に起こる! 東京ドーム、皇居、東京タワーの順番で!

東京でのテロは2011年1月に起こる! 東京ドーム、皇居、東京タワーの順番で!
【 YouTube 】
 http://www.youtube.com/watch?v=-5NaoTTx8NQ


地震とテロの順番と日付についてだよ。
-------------------
2010年11月24日 22:00
マリー・マドレーヌ・ダニエル・ソーンブッシュに与えられた、
イエズスからのメッセージ
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋にて
-------------------

イエズス:テロは地震よりはやく起こる。

イエズス:ニポポさんに連絡して。

イエズス:東京タワーがねらわれる。 同時にではない。

イエズス:最初に東京ドームから。

イエズス:次に皇居。

イエズス:次に東京タワー。    その他はない。

イエズス:(テロは)来年の1月。

イエズス:地震の日付は来年の1月31日

--------------------

日本のイスラム教徒への緊急アピール
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_071119_muslim.html (イスラム)


檄文 日本の右翼と神主の若者たちへ
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_071109_uyoku.html (右翼)


天皇皇后両陛下への直訴状
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_071028_heika.html (天皇陛下)

◆預言された出来事は、関東大地震のことから、いよいよそのプロセスがはじまるるんだよ。

◆マリアママはね、日本にまもなく起こることを教えてくれてるんだ。それはね。いくつもの巨大な地震と大津波、たくさんの火山の噴火、もうれつな大寒波、農作物の全滅、食糧がなくなることによる餓死、恐ろしい伝染病のひろがりによる病死、彗星のチリによる火の雨、原子力発電所からの大量の放射能汚染、富士山の噴火による数百万人の死、中国軍が日本に攻め込み、国民の60パーセントが殺されること、人口の多い都市が核爆弾で攻撃され全滅すること、などと数えきれないんだよ。しかも、最後には、日本列島そのものが海の中に沈んでしまうんだ。

◆それを防ぐには、たった一つしか方法がなくて、皇室が、リトル・ペブルさんとジャン・マリーを支持して、白いリトル・ペブルドレスを着て、神ちゃまの支持に従うことなんだ。

◆皇室の人々が、皇族たちが、勇気を持って命をはれるように、君が、あなたが、白いリトル・ペブルドレスを着てリトル・ペブルさんとジャンマリーを支持を堂々と表明して、皇族たちが立ち上がって戦いぬけるように援護射撃をして欲しいんだ。

◆皇室と皇族たちは、日本のために命をはって、殺されても戦いぬいてね。ぼくは、わたしは、何もしないから・・・では、彼らはたちあがれないでしょ!!

ここからはまもなく起こる、関東大地震と東京のテロのことについてだよ。

これは皇族を殺すために悪魔が行わせる皇居へのテロ攻撃について言ってるんだ。

--------------------
2010年5月28日 20時22分
マリー・マドレーヌ・ダニエル・ソーンブッシュに与えられた、
聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋にて
--------------------
聖母マリア:
 愛するリトル・ペブルに聖母がお話します。日本の大改心が皇室から始まります。しかし、まだ、皇室の女性に天の出現がありません。神道を信ずる彼らに、対して、今、悪魔は計画をもっています。悪魔は、皇室が改心するのを恐れています。どうか、日本の皇室のために、祈ってください。そして、一日もはやい日本の大改心がくるように、リトル・ペブル祈ってください。祝福します。司祭の祝福をリトル・ペトロ・アブラハムⅡ世教皇にお願いします。

ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

東京ドームと皇居へのテロについてだよ。
--------------------
2010年5月29日 AM5時39分
マリー・マドレーヌ・ダニエル・ソーンブッシュに与えられた、
イエズスからのメッセージ
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋にて
--------------------
イエズス:
 愛する子どものたちにイエズスが話をする。東京のことで話をする。東京ドームと皇居にテロが仕掛けられる、昨日聖母が〇〇警部に話さないよう言ったが、緊急を要するので、たずねられたら、話して欲しい。そして多くの人がテロの巻き添えにならないように、祈って欲しい。祝福をする、司祭の祝福を東京に住む人々と、皇居にすむ皇族たちそして皇室の人たちにお願いする。

ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 全能の神、父と子と聖霊とが東京にすむ人々と皇居にすむ皇族の人々と皇室の人々を祝福し給わんことを。アーメン。

ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 一つ質問なんだけど、誰がテロを起こすの?

マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュ:
 イエズスは、イスラム教の人と言われている、確認のためのしるしがあった。

ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 ありがとうイエズス

関東大地震についてだよ。
--------------------
2010年11月17日 AM6:31
ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネに天から与えられた
夢のビジョンとイエズスからのメッセージ
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋にて
--------------------
 イエズスは、近々、関東大地震がくることを告げた! これは関東・東海・東南海・南海の大地震のうちの関東大地震である。これに関して、ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネに天から夢のビジョンが与えられた。

2010年11月17日 AM6:31
 少なくとも、4階建てのビルの一番上の階にぼくはいた。下には噴水があった。高くふきあがる噴水の水が、異常に黒くにごった。むこうに川が流れているのだが、その川に津波がのぼってきた。まさか、ここまではこないだろうと思ったがおそろしいほどの猛烈な津波になった。津波は、このビルの高さにまで達し、ぼくのいた部屋も水が頭の上をこえて押しよせた。ぼくと、その部屋にいた人は、みな水に没した。これが与えられたビジョンである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

イエズスからのお知らせ − 東京のテロについて

イエズスからのお知らせ − 東京のテロについて
【 YouTube 】
 http://www.youtube.com/watch?v=-5NaoTTx8NQ


〜 イエズスから来年の1月に東京である3回のテロについてのお知らせ 〜

 来年の1月に皇室と皇族と一般の日本人を殺すためのテロが、イスラム教のテロリストによって行われる。最初に東京ドームでテロがあり、次に皇居でテロがあり、次に東京タワーでテロがある。同時多発ではないが3つとも1月中である。そして、1月31日の関東大地震の前に3つとも行われる。たくさんの人が、まきぞえになる。しかし、絶対にイスラム教の人を憎んではいけない。「汝の敵を愛せよ!」 これがイエズスの掟である。

 このテロの本当の犯人はね、悪魔の総大将で、今は人間の体を手に入れて地上に住んでいるルシファー自身であるロード・マイトレーヤと手下の悪魔どもなんだよ。

 あいつらの目的は皇室と皇族を殺して消し去ることなんだ。特にあいつらが消したいのは、明仁(あきひと)天皇、マリア美智子皇后、徳仁(なるひと)皇太子、敬宮(としのみや)愛子内親王、秋篠宮(あきしののみや)眞子内親王、黒田清子(さやこ)内親王、崇仁(たかひと)三笠宮(みかさのみや)、この7人なんだ。

 だから1月の皇居でのテロで殺せなければ、次、また次と手をうってくるよ。今回は、イスラム教の人に手をくださせようとしているけれども、たとえば、ロード・マイトレーヤに従っている人間たち、フリーメーソンたちが、殺し屋をおくるかもしれない。社会主義者をテロリストとして使うかもしれない、共産主義者をテロリストとして使うかもしれない。

 あいつらは大昔、神ちゃまに逆らう前は、天使だったから、今もモーレツにすごい知恵をもっているんだよ。だから、神ちゃまが、時の終わりに皇室と日本を用いて、あいつらの計画をはばもうというシナリオを書いていることを知っているんだ。あいつらの計画はね、アブラハムの子孫のイスラエル人の中で、救い主イエズスを殺した人たちの子孫を用いて人類を総支配することなんだ。

 それに対して、神ちゃまの計画はね、アブラハムの子孫のイスラエル人の中で、救い主イエズスを殺さなかった人たちの子孫を用いて人類を悪魔の総支配から救うことなんだよ。これらの人たちはイエズスが生まれる722年も前にアッシリア帝国に戦争捕虜(ほりょ)として連れていかれて、ニネベという名の首都に住まわされてね、アッシリア帝国が滅びた時にどこかに行ってしまって歴史から消えた人たちなんだ。

 神ちゃまは、この時、一人のリーダーと、聖書にはない一人の預言者をたてたんだ。このリーダーはベンジャミン族の中からたてられたけど、イスラエル人の最初の王のサウル王の血統ではないんだよ。このリーダーが初代の天皇。彼はこの預言者と組んで多くのイスラエル人を東に東にと導いて行ったんだ。長い年月をかけて、通過する土地の人々と混血し、文化も受け入れながらの民族の移動の終点が日本列島だったんだよ。そして時の終わりがくるまで、この日本列島に「救い主イエズスを殺さなかった方のアブラハムの子孫たち」を神ちゃまは隠していたんだ。

 これから起こることはね、ルシファー自身であるロード・マイトレーヤと手下の悪魔どもが、いよいよ最後の仕上げにかかるよ。2011年に教会フリーメーソンが用意している反教皇になる人物が、バチカンにローマ教皇として君臨する。2012年に、エルサレムにソロモンの第3神殿を、イスラエルが全世界のフリーメーソンにバックアップされて建設する。

 そしてロード・マイトレーヤは全世界の歓呼(かんこ)の中で救い主、神としてエルサレムの神殿に着座し、世界統一宗教を確立する。世界統一政府を彼はつくり、世界統一経済を、666のマイクロチップの人体うめこみを義務(ぎむ)として強制することで確立する。こうして世界統一宗教、世界統一政府、世界統一経済を確立し、それを通して全人類を総支配し、自分を、つまりルシファーを礼拝させて、全人類を地獄につれてゆく。とういうことをおしすすめていくんだ。

 それに対して、神ちゃまは、日本という国を大改心させて、あいつらの計画をはばむために活躍させるよ。その日本の大改心は、皇室と皇族がジャン・マリー神父からローマ・カトリックの洗礼を受け、白いリトル・ペブルドレスを着て、リトル・ペブルさんとジャン・マリー神父とベネディクト16世を信じて愛して支持することからはじまるよ。

 皇室・皇族の中でまっさきに立ち上がり、他の皇室、皇族をひっぱっていくのが、明仁(あきひと)天皇、マリア美智子皇后、徳仁(なるひと)皇太子、敬宮(としのみや)愛子内親王、秋篠宮(あきしののみや)眞子内親王、黒田清子(さやこ)内親王、崇仁(たかひと)三笠宮(みかさのみや)。悪魔たちはそれを知っているから、この7人をなんとしても殺したいんだ。

 大改心した日本人は、リトル・ペブルさんとジャン・マリー神父に導かれて、皇室、皇族全員といっしょに立ち上がり、愛と謙遜(けんそん)で悪魔たちと戦うよ。悪魔には愛もけんそんも理解できないから、愛とけんそんで立ち向かわれると混乱して負けちゃうんだ。

 明仁(あきひと)天皇とまことの預言者であるリトル・ペブルさんが組むことは、初代の天皇と一人の預言者が組んで国をおこしたことの再現だけど、結果はもっとすばらしいんだよ。日本は世界の光になり、世界までもが神ちゃまのもとに大改心して帰ってくるよ。

 あのね、靖国(やすくに)神社のこと知ってる? 皇室と日本のために命をささげた人がまつられているよ。神風特攻隊のことを知っている? たくさんのまだ少年の人たちが皇室と日本のためにって命をささげたよ。

 日本のキリシタンの殉教者のこと知ってる? 「総数約40万人だ」って、イエズスが教えてくれたよ。ひとつの民族で神ちゃまのために40万人もの人が、命をささげたっていうのは他にないんだよ。

 今、神ちゃまは、皇室と皇族に、日本のために神ちゃまのために命をささげて戦いぬくことを要求しているんだ。そして、彼らはもう命をねらわれている。

 さっきあげた7人と全皇室、全皇族が立ち上がれるよう、戦いぬけるように、あなたが助けることができるよ。

 あなたが白いリトル・ペブルドレスをまず着て、堂々と「リトル・ペブルさんと、ジャン・マリー神父と、ベネディクト16世を信じる! 愛する! 支持する!」って表明することだよ。これは援護射撃であり、いっしょに突撃することでもあるんだよ。

2010年11月26日
ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ

| コメント (0) | トラックバック (0)

イエズスから関東の人へ − 来年の1月31日の地震についてのお知らせ

イエズスから関東の人へ − 来年の1月31日の地震についてのお知らせ
【 YouTube 】
 http://www.youtube.com/watch?v=9ZVBpdxotDk

 通常の周期で起こる関東大地震より、来年の1月31日に襲う関東大地震は、周期をすぎている分、より大きなものになる。関東一円は大被害を受け、東京は壊滅するので、日本の首都は大阪になる。

1月31日までにすべきことを教えるね。

 神ちゃまはね、超・最低最悪なほど超・愛する方だよ。あなたが、どうしようもないほど罪によごれくさっていたって大丈夫。神ちゃまは、あなたを永遠にご自分といっしょにいさせて、永遠にご自分のしあわせでみたしてあげたいという望みだけでいっぱいなんだよ。そのために神ちゃまは、あなたの霊魂を無から創造して、肉体にあわせたんだよ。

 あなたが死ぬと、すぐに必ず神ちゃまに会うから、その時こう言ってね。

「神ちゃま、ニコニコ大好き! 永遠にあなたといっしょにいたい! ごめんなちゃい。こんなぼくだからこそ、こんなわたしだからこそ、超・愛してくれるもんね! ゆるしてくれるもんね! すくってくれるもんね!」

 1月31日までにこのことばを暗記して、死ぬ準備をしてね。

 神ちゃまは、リトル・ペブルさんとジャン・マリー神父とベネディクト16世の3人ともを信じて、愛して、支持する人を、必ず救って天国につれていくって約束してくれているんだよ。そればかりか、いっしょにくらす家族も親族も天国にいけるって約束してくれているんだよ。

 だから、1月31日までにリトル・ペブルさんとジャン・マリー神父とベネディクト16世の3人ともを信じて、愛して、支持してね。

 そして、それを堂々と表明してほしいんだ。白いリトル・ペブルドレスを着てほしいんだ。ネットでも堂々と、自分の素性(すじょう)を明かして、「リトル・ペブルさんとジャン・マリー神父とベネディクト16世を支持する!」って書いたり、言ったりしてほしいんだ。

 1月の3回のテロにまきこまれて死ぬ人もたくさんいるから、できるだけ早く、死ぬ準備をはじめてね。


2010年11月25日
ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ

| コメント (0) | トラックバック (0)

「2012年の戦い」への召集令状(3)− 2010年11月14日−

「2012年の戦い」への召集令状(3)− 2010年11月14日−
イエズスの許可のもとに、リトル・ヨハネが、
  ヨハネの黙示録の真実を公表する時がきた!!
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_101114_jhon.html


--------------------------------

「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちへ

 コルベ・マリー・ヨハネ からの手紙

--------------------------------

 ぼく、コルベ・マリー・ヨハネは、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちの指揮官として、神ちゃまから使命をうけている。

 ぼくたちは、世間の人々から「無価値なもの」「お荷物」「死んでしまえ!」とレッテルを貼られているが、実は神ちゃまから誰よりも愛されている存在であり、「マリアママの光の戦士」の「最精鋭部隊」として呼ばれていることを知ってほしい。

 いまのまんまのみんなで、「マリアママの光の戦士」として大活躍できるんだよ!

 自分たちの霊魂の救いだけでなく、悪魔の餌食になってしまっている多くの霊魂たちを、悪魔の手から奪い返し、神ちゃまが用意してくれている「天国」で、永遠のしあわせにともにあずかることができるんだよ!

 親や先生、世間の人たちがふりまわしている価値観は、全部「うそっぱち」だよ! まったく逆なんだ! 神ちゃまは弱ければ弱いほど、悪ければ悪いほど、それをはるかに上まわって、ぼくたちを限りなく愛してくれているんだ。

 そして神ちゃまは、限りなくやさしく、誰よりも強いマリアママ(聖母マリア様)を、みんな一人一人に与えてくれているんだよ。

 マリアママは、みんなのことを絶対に見捨てない。いつもいっしょにいてくれて、みんなのことをやさしく抱きしめていてくれるんだ。

 だから、ちっちゃい子の言葉でマリアママとお話しするんだよ。「マリアママ、助けてね!」「マリアママ、いつもいっしょにいてね!」「マリアママ、ぼく(わたし)、とってもつらいの……」ってね、みんなのすべてを、幼な子の言葉で、やさしいマリアママにうちあけるんだよ。

 そうすればマリアママは、みんなが知らないうちに、やさしい神ちゃま、救い主であるイエズスのところに連れていってくれるんだよ。

 みんなは、ひとりぼっちじゃないよ。生まれた時から、神ちゃまは、マリアママは、みんなのことをギュッと抱きしめて、愛して、守ってきてくれていたんだ。そして、これからも神ちゃまは、マリアママは、みんなのことを絶対に見すてたりはしない!!

 このことを知って、幼な子になって、マリアママに「マリアママ、助けてね!」「マリアママ、いっしょにいてね!」って、お話ししてほしい。これが本当の「祈り」だよ。そして、「神ちゃま、ごめんなちゃい。こんなぼくだからこそ、こんなわたしだからこそ、愛してくれるもんね! ゆるしてくれるもんね! 救ってくれるもんね!」って言うんだよ。

 そして、恐れないで、「マリアママの光の戦士」として立ち上がってほしい。日本の運命を、世界の運命をになっているのは、他ならぬ、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」みんな一人一人だからだ。

 いまのまんまのみんなで、神ちゃまの最精鋭部隊になれるんだ。やることは、たった2つのこと。

(1)幼な子になり、マリアママによりすがること。

(2)ジャン・マリー神父とリトル・ペブルさんを、正々堂々と「私は、彼らを信じる。彼らは神ちゃまが立てた、まことの預言者、マリアママの使徒たちだ!」と宣言すること。

 これだけで、みんなは、ばくだいな数の霊魂たちを救うことができるんだ!

--------------------------------

 さて、みんなに、ぼくたちがいま生きている時代の現実をはっきりと把握するために、以下の事実を肝に銘じてほしい!


 地獄は実在する! 今、死ぬ人の10人のうち9人が、自ら望んで、神ちゃまが永遠にいない世界、つまり地獄を選んでいる。すでに地獄の王、ルシフェルは肉体をもって、この地上をあばれまわっている。彼の名は反キリスト、ロード・マイトレーヤである。

 これはキリスト教世界だけの話ではない。むしろ、日本人であるぼくたち全員の、非常に近い将来に直結する重大な話である。

 神ちゃまは、ぼくたちに教えてくれている。もし、みんながこのままの生き方を「よし」として生きるなら、日本は関東・東海・南海地震、富士山の大爆発etc の大自然災害におそわれたあげく、共産中国軍の侵略をうけ、日本国民の60%が虐殺される。

 そして、最終的に日本全土は海中に没し、日本という国そのものが消滅してしまうんだ。

 これは、遠い未来のSF小説などではない。早ければ数ヶ月以内、遅くとも2〜3年以内に実現してしまう、おそろしい現実のシナリオなのである。

 この戦慄すべき現実に対して、神ちゃまは、日本全土が救われるだけでなく、「日本が全世界の光となる」、偉大なご計画を提示してくださっている。

 反キリスト、ロード・マイトレーヤは、自らを「再臨したイエズス」「再臨したマホメット」「再臨したブッダ」etc として宣言し、全世界の人々の前で大いなる不思議をおこない、世界統一政府、世界統一宗教を樹立する。ナチスドイツのヒトラーをはるかに上回る恐怖の支配をおこない、彼を礼拝しない者は皆殺しにされ、彼に従う者すべてを最終的に永遠の地獄にひきずりこむ。

 反キリスト、ロード・マイトレーヤに打ち勝てるのは、彼を打ち倒し、永遠に地獄に閉じ込める2つの鍵を、神ちゃまからいただいたリトル・ペブルさん、つまり「最後の教皇 リトル・ペトロ・アブラハム2世」と、リトル・ペブル同宿会の創立者、「ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ」、この2人だけである。

 神ちゃまのご計画は、ぼくたち日本人の中でも、弱い人、悪い人、見捨てられた人たちが、ジャン・マリー神父とリトル・ペブルさんのもとで、「マリアママの光の戦士」として立ち上がり、

(1)天皇陛下と皇后陛下が、日本を「マリアママのけがれなき御心」に奉献し、

(2)天皇陛下と皇后陛下が、日の丸の中に金色の十字架をあしらった、新しい国旗を制定すること。


 そうすれば、神ちゃまは全能の力で、共産中国軍の侵略を阻止し、「日本を世界の光としてくれる」と、約束してくださっているんだ。

--------------------------------

「……傲(おご)る思いの人々を散らし、権力者をその座からおろし、低い人々を高め、飢えた人を良いもので満たし、富む人を空の手で返されます。……」(ルカ福音書 第1章46節〜55節)

--------------------------------

 神ちゃまの不思議は、既存のローマ・カトリック教会、プロテスタント教会、世間のいわゆる「よい人々」を用いないで、逆に、世間から見すてられた人、弱い人、悪い人を用いることである。

 それはなぜか? すべての人間は、無限の愛である神ちゃまから創造され、一度きりの人生を、永遠の無限のしあわせにあずかることができる「天国」に入るために生きるはずであった。

 しかし、「時の終わりの時代」といわれる今、クリスチャンと自称する人々、特にローマ・カトリック教会の人々は、ルシフェルの提供する「世間の精神」に妥協して、神ちゃまの愛に背を向けてしまった。

 残念ながら、今や、ヨハネの黙示録にあるとおり、既存のローマ・カトリック教会を「大淫婦」「大バビロン」と呼ばなければならないのである。

 今、バチカンにおられるベネディクト16世は、まことのパパ様、最後から2番目の教皇様である。しかし、彼の死後、コンクラーベ(教皇選挙)で選ばれる教皇は、神ちゃまの選ぶ教皇ではない。フリーメーソンの教皇、歴史に残る反教皇である。

 反教皇は、すでに堕落してしまっている既存のローマ・カトリック教会に、反キリスト、ロード・マイトレーヤを「再臨したイエズスだ。彼を礼拝せよ」と命令する。

 世俗的精神に毒され、裏切り者となってしまった既存のローマ・カトリック教会をはじめ、既存のクリスチャンたちは、同様に反キリスト、ロード・マイトレーヤを歓呼をもって迎えるであろう。

 これら、自称「聖なる人たち」「よい人たち」が切に望むのは、この世の成功、富、権力、名誉、快楽、ルシフェルと悪魔たちが提供する、地獄へとまっしぐらに進む道である。

 これに反して、神ちゃまが与えようとしている、永遠の無限のしあわせである「天国」への道は、苦しみ、悲しみ、はずかしめの十字架の道である。

 それゆえ、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺志願者」であるみんなは、実はこれら自称「聖なる人々」よりも、天国に近いんだ!

 みんなが日々あじわう孤独感、苦しみ、悲しみ、絶望感を、十字架に釘づけにされたイエズスと一致して、マリアママを通して、多くの霊魂たちを救う「天国の金貨」にかえることができるんだよ。

 世間はみんなをあざけり、罵倒(ばとう)するけど、神ちゃまの価値観は、世間の価値観と正反対なんだ。

 いかに世間が、みんなのことを不当に裁いていることか! どれほど冷酷に見下して、みんなのことを絶望へと追い込んでいることか! これら世間の価値観は、悪魔に誘導された「うそっぱち」そのものなんだ! そんなものに義理だてする必要は、これっぽっちもない!

 そうじゃない! みんなは、みんなの弱さ、悪さ、みじめさのゆえに、神ちゃまから誰よりもはるかに愛されている! これが真実なんだ。

 それだけじゃなくて、みんなのまわりの人々は、みんなの存在を通して、より多くの祝福を神ちゃまからいただいているんだ。みんなの存在自体が無価値どころか、「無限の価値」をもっている! これが真実なんだ。

 みんなが「神ちゃまから限りなく愛されているんだ」ってことを知って、だれが何と言おうと、マリアママによりすがって、「マリアママの光の戦士」として立ち上がってほしい。

 ぼく、コルベ・マリー・ヨハネは、今でも「ひきこもり」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺志願者」だけど、23年間、マリアママによりすがって、戦い続けてきたんだよ。みんなには、リトル・ペブル同宿会の仲間たちがいるよ。

 恐れないで、立ちあがろう! その勇気も力も、マリアママが与えてくれるから、心配しないでね。

 ぼく、コルベ・マリー・ヨハネについておいで!

2010年11月14日

コルベ・マリー・ヨハネ

| コメント (0) | トラックバック (0)

イエズスは、近々、関東大地震がくることを告げた!

イエズスは、近々、関東大地震がくることを告げた!
【 YouTube 】
イエズスは、近々、関東大地震がくることを告げた!
2010年11月17日 AM6:31
http://www.youtube.com/watch?v=y8gY70ZK-Do

 これは関東・東海・東南海・南海の大地震のうちの関東大地震である。これに関して、ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネに天から夢のビジョンが与えられた。

--------------------------------
2010年11月17日 AM6:31
--------------------------------
 少なくとも、4階建てのビルの一番上の階にぼくはいた。下には噴水があった。高くふきあがる噴水の水が、異常に黒くにごった。むこうに川が流れているのだが、その川に津波がのぼってきた。まさか、ここまではこないだろうと思ったがおそろしいほどの猛烈な津波になった。

 津波は、このビルの高さにまで達し、ぼくのいた部屋も水が頭の上をこえて押しよせた。ぼくと、その部屋にいた人は、みな水に没した。これが与えられたビジョンである。


【 取材etc の連絡先 】
 〒012‐0106
 秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
 リトル・ペブル同宿会

 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
 Father Jean-Marie thornbush Little John

 ミッシェル・マリー・フランソワ・ジョゼ・リトルヤコボ
 Michel-Marie-Francois-Joseph Little James

 TEL/FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/

| コメント (0) | トラックバック (0)

緊急!まもなく北朝鮮軍が韓国侵略を開始する!

韓国の李明博大統領閣下へ − 2010年11月15日 14:39 −

【 YouTube 】
「緊急! まもなく北朝鮮軍が韓国侵略を開始する!」
 http://www.youtube.com/watch?v=a9ahSfE4azQ

--------------------------------
2010年11月15日 PM2:40
--------------------------------
ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 私は、韓国を滅ぼそうと北朝鮮が軍事攻撃をまもなくかけることを、象徴的に教える夢を、神から見せられた。

 韓国の大統領が乗った船が襲われて、SOSの無線連絡をしている。ろうばいした声で救いを求める無線士の声。「韓国の大統領が乗った船だ!」という声。これは、象徴的な夢であって、夢の中のできごとがあらわすものはマリアママから説明された。

--------------------------------
2010年11月15日 14時39分〜
マリー・マドレーヌ・ダニエル・ソーンブッシュに
与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」にて
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する韓国の大統領に聖母が話します。危険がせまっています。北朝鮮からの攻撃をまもなく受けます。対処してください。

 そうでないと、滅びてしまいます。韓国の国民をどうか救ってください。

 祝福します。司祭の祝福を韓国の大統領にお願いします。

ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

 具体的に対処をどうすればいいの? 韓国の大統領には、今もらう情報をジャンマリーはどうやってつたえればいいの?

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)と、ミシェル・マリー・フランソワ・ジョゼ・リトルヤコボに、聖母がお話します。

 愛する息子が見た夢と、先ほど韓国の大統領に言ったメッセージを添えて、〇〇さんにおくり、ハングル語に訳して、韓国の大統領に送ってもらうようにしてください。

 それで、韓国の大統領は、北朝鮮がしかける攻撃に対して、武力で応じるようにしてください。

 祝福します。司祭の祝福を韓国の大統領にお願いします。

ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

【 取材etc の連絡先 】
 〒012‐0106
 秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
 リトル・ペブルの「清水小屋」共同体

 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
 Father Jean-Marie thornbush Little John

 ミッシェル・マリー・フランソワ・ジョゼ・リトルヤコボ
 Michel-Marie-Francois-Joseph Little James

 TEL/FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
 URL : http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「2012年の戦い」への召集令状(2)− 2010年11月14日−

「2012年の戦い」への召集令状(2)− 2010年11月14日−
イエズスの許可のもとに、リトル・ヨハネが、
  ヨハネの黙示録の真実を公表する時がきた!!
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_101114_jhon.html


--------------------------------

「同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たちへ」

 ミシェル・マリー・フランソワ・ジョゼ リトルヤコボ からの手紙

--------------------------------

2012年の戦いがはじまる。

同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たち、みんな、既存の教会に絶対行ってはいけない。

2011年には、ベネディクト16世教皇は亡くなって、ヴァチカンには偽教皇が立ち悪魔の頭、ルシファーである反キリストが、ロード・マイトレーヤーとして、メシヤ、全人類の救い主として公に現れ、全ての宗教を統一して、自らが神としてたちます。

カトリック教会も、プロテスタント教会も、正教会も、イスラム教徒も、仏教徒も、そしてすべての宗教団体は、ロード・マイトレーヤーを神として拝みます。

そして、彼は、世界統一政府をつくり、世界統一経済を樹立して、666のしるしを全人類につけ、支配するのです。それは、人類を地獄に根こそぎ連れていくためなのです。

カトリック教会の中心部は、悪魔を神として礼拝するフリーメーソンが乗っ取り、今にも腐って落ちようとしているのです。カトリック教会は、聖書の黙示録にでてくる大淫婦です。既存の教会、カトリック教会やプロテスタント教会に、いったならば、地獄に連れて行かれてしまいます。もうすでに、既存の教会、カトリック教会やプロテスタント教会は、真理も救いも愛も何もかもなくなって腐っておちるばかりなんです。

既存のクリスチャンといわれる人々は、イエズスを悲しませ、なんども十字架にかけているのです。
彼らは、聖なる雰囲気をかもしだして、人を欺いているのです。
カトリック教徒は、手による聖体拝領をして、神ちゃまを侮辱しまくっているのです。
もうカトリック教会は、手の施しようも無く、腐って落ちるのです。
ずーっと、同性愛者や性的な罪に汚れた人たちを拒否し、軽蔑してきた彼らには、愛など無いのです。
既存の教会のキリスト教徒は、悪魔の手先となって、悪魔の働き手となり、悪魔を礼拝します。

だから、だまされてはいけません、既存の教会は、悪魔を拝むようになるのです。
彼ら、信徒たちは、自分達は清く正しいことをしていると言ってはばからないでしょう。
しかし、彼らこそ、神ちゃまを、悲しませ、イエズスを十字架に何度も架け、マリアママは血の涙を流し続ける元を作り出しているのです。


だから、既存の教会には絶対に行かないでください。

ここ、リトル・ペブル同宿会が、同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たちの居場所です。

神ちゃまは、2000年間キリスト教徒たちから、見下され、軽蔑され、疎外されてきた、同性愛者、性同一性障害や性転換した人などの性的に苦しんでいる人たち、さまざまな性的罪に苦しんでいる人たちを最高に用い、最高に高め、そして最高に輝かせてくれます。


神ちゃまのために、もっとも最高に活躍する人たちが、同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たちなんです。
神ちゃまは、愛とあわれみとゆるしの方です。
そして、同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たちを、あなたがたみんなを誰よりも、特別に、超愛してくれているんです。
そして、イエズスは、同性愛者、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる人たち、売春婦のとこころに、慰めをもとめに行くと言っています。

ぼくは、君達を導くために、神ちゃまから君たちの事をゆだねられているんです。
ぼくのもとに来てください。
同性愛者で、性的に苦しみ、性的罪にくるしんでいる代表者である、ぼく、ミシェル・マリー・フランソワ・ジョゼ リトルヤコボのもとに来てください。
リトル・ペブルさんとジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネにつかえる、ぼくについてきてください。

そして、「光の戦士」として一緒に戦おう、神ちゃまを心から賛美し礼拝し、お互い愛し、はぐぐくみあう新しい共同体を一緒につくろう。

神ちゃまは、ここ、リトル・ペブル同宿会に、「同性愛のカップルの誓願」という神ちゃまからの特別な恵みとして、人類史上初のまったく新しい、制度を示してくれました。同性愛者を特に神ちゃまが愛しているという証拠なんです。同性愛者や様々なタイプのカップルで、生涯、相互に愛しあう、ということを誓い神ちゃまに誓願をたてることで、多くの祝福と恵みがあります。


セックスを毎日しまくりでも、オナニーをしまくりでも、変態行為をしまくりでも、毎日、体を売っていて仕事を続けていても、まったくかまいません。

みんなが、リトル・ペブル同宿会にきて、ぼくらと一緒に戦うということが、神ちゃまをとっても喜ばせるんです。

リトル・ペブルさんとジャンマリー神父を信じて、ただ信頼してついてくればいいのです。
何の知識もいりません。どうしようもないほど罪によごれ腐ったならず者でいいのです。
それだからこそ大歓迎なんです。神ちゃまは、超最低最悪だからこそ超愛してくれる方なのですから。

神ちゃまは、神ちゃまのために働いたぼくらを、よしよし、私のためによくやったってくれた、さあおいでと喜んで天国に迎えてくるんですから。

同性愛のみんな、性的に苦しんでいる人たち、性的罪に苦しんでいる全ての人たち、「光の戦士」として、白いリトル・ペブルドレスを着て、悪魔の頭、ルシファーであるロード・マイトレーヤーとその軍団を倒すために、ぼくと一緒に戦おう。

2010年11月14日

ミシェル・マリー・フランソワ・ジョゼ リトルヤコボ

(3に続く……)

| コメント (0) | トラックバック (0)

「2012年の戦い」への召集令状(1)− 2010年11月14日−

「2012年の戦い」への召集令状(1)− 2010年11月14日−
イエズスの許可のもとに、リトル・ヨハネが、
  ヨハネの黙示録の真実を公表する時がきた!!
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_101114_jhon.html

全ての人よ! カトリック(旧教)、プロテスタント(新教)、オーソドックス(正教)等の既存のキリスト教会に行くな! 絶対に行くな!

「自殺志願者」よ! 「ひきこもり」よ! 「同性愛者」よ! 「性転換した人」よ! 「性同一障害の人」よ! あらゆるタイプの「性的な罪に苦しむ人」よ!

神はあなたたちが、最精鋭の戦士になる、仰天のシナリオを書いた。

キリスト教会にではなく、リトル・ヨハネ、リトル・ヤコボ、コルベ・マリーについて来い!


【 聖書を知っている人や、教会に行っている人へ 】

 世界中の既存のキリスト教会は、「2012年の戦い」以後、プロテスタントも、正教も、ローマカトリック教会とともに、ルシファーを礼拝するのだ。


「わたしの民よ、彼女から離れ去れ」(黙示録18章4節)
今、この声をリトル・ヨハネが響かせる時が来た!


「豹に似ている獣」(黙示録13章1節)とは、1966年6月6日に生まれた「受肉したルシファー」、人間の体の中に、人間の霊魂が存在せず、そのかわりにルシファーが存在する「ロード・マイトレーヤー」だ。

「子羊の角に似た二本の角がある獣」(黙示録13章11節)とは、2011年に選ばれるローマ法王だ。

 あなたがルシファーを礼拝させられないために、カトリックであれ、プロテスタントであれ、正教であれ、既存のキリスト教会に行くな!


 あなたの教会の動産も不動産も、「666の獣の数字」(黙示録13章18節)の刻印であるマイクロチップの人体埋め込みの時、世界統一宗教にぶんどられる。だからあなたは、リトルペブル同宿会の「家の教会」を準備することに全力を尽くせ。

 あなたのためには「白い小石」(黙示録2章7節)と「白い衣」(黙示録3章5節)、すなわちリトルペブル同宿会がさしだされている。

 神は、あなたの教団、教派、教会、修道会ではなく、旧約の預言のとおりに、終わりの時の最後の戦いのために、「失われた10部族」を用いた。日本人によって、リトルペブル同宿会をたてさせた。これからも「失われた10部族」を神は用いる。

 修道会の会員は、たとえ、終生誓願をたてていても、あなたの会を退会して、リトル・ペブル同宿会にはいれ! これが神の命令である。あなたの誓願は神を礼拝する行為だ。ルシファーを礼拝させられるのに会にとどまってはならない!

2010年11月14日

ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ

(2に続く……)

| コメント (0) | トラックバック (0)

◆2012年の戦いに向けて(4)

◆2012年の戦いに向けて(4)
「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちへ
 http://ameblo.jp/lpdoushuku/

 それゆえ、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺志願者」であるみんなは、実はこれら自称「聖なる人々」よりも、天国に近いんだ!

 みんなが日々あじわう孤独感、苦しみ、悲しみ、絶望感を、十字架に釘づけにされたイエズスと一致して、マリアママを通して、多くの霊魂たちを救う「天国の金貨」にかえることができるんだよ。

 世間はみんなをあざけり、罵倒(ばとう)するけど、神ちゃまの価値観は、世間の価値観と正反対なんだ。

 いかに世間が、みんなのことを不当に裁いていることか! どれほど冷酷に見下して、みんなのことを絶望へと追い込んでいることか! これら世間の価値観は、悪魔に誘導された「うそっぱち」そのものなんだ! そんなものに義理だてする必要は、これっぽっちもない!

 そうじゃない! みんなは、みんなの弱さ、悪さ、みじめさのゆえに、神ちゃまから誰よりもはるかに愛されている! これが真実なんだ。

 それだけじゃなくて、みんなのまわりの人々は、みんなの存在を通して、より多くの祝福を神ちゃまからいただいているんだ。みんなの存在自体が無価値どころか、「無限の価値」をもっている! これが真実なんだ。

 みんなが「神ちゃまから限りなく愛されているんだ」ってことを知って、だれが何と言おうと、マリアママによりすがって、「マリアママの光の戦士」として立ち上がってほしい。

 ぼく、コルベ・マリー・ヨハネは、今でも「ひきこもり」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺志願者」だけど、23年間、マリアママによりすがって、戦い続けてきたんだよ。みんなには、リトル・ペブル同宿会の仲間たちがいるよ。

 恐れないで、立ちあがろう! その勇気も力も、マリアママが与えてくれるから、心配しないでね。

 ぼく、コルベ・マリー・ヨハネについておいで! 

| コメント (0) | トラックバック (0)

◆2012年の戦いに向けて(3)

◆2012年の戦いに向けて(3)
「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちへ
 http://ameblo.jp/lpdoushuku/

「……傲(おご)る思いの人々を散らし、権力者をその座からおろし、低い人々を高め、飢えた人を良いもので満たし、富む人を空の手で返されます。……」(ルカ福音書 第1章46節〜55節)

 神ちゃまの不思議は、既存のローマ・カトリック教会、プロテスタント教会、世間のいわゆる「よい人々」を用いないで、逆に、世間から見すてられた人、弱い人、悪い人を用いることである。

 それはなぜか? すべての人間は、無限の愛である神ちゃまから創造され、一度きりの人生を、永遠の無限のしあわせにあずかることができる「天国」に入るために生きるはずであった。

 しかし、「時の終わりの時代」といわれる今、クリスチャンと自称する人々、特にローマ・カトリック教会の人々は、ルシフェルの提供する「世間の精神」に妥協して、神ちゃまの愛に背を向けてしまった。

 残念ながら、今や、ヨハネの黙示録にあるとおり、既存のローマ・カトリック教会を「大淫婦」「大バビロン」と呼ばなければならないのである。

 今、バチカンにおられるベネディクト16世は、まことのパパ様、最後から2番目の教皇様である。しかし、彼の死後、コンクラーベ(教皇選挙)で選ばれる教皇は、神ちゃまの選ぶ教皇ではない。フリーメーソンの教皇、歴史に残る反教皇である。

 反教皇は、すでに堕落してしまっている既存のローマ・カトリック教会に、反キリスト、ロード・マイトレーヤを「再臨したイエズスだ。彼を礼拝せよ」と命令する。

 世俗的精神に毒され、裏切り者となってしまった既存のローマ・カトリック教会をはじめ、既存のクリスチャンたちは、同様に反キリスト、ロード・マイトレーヤを歓呼をもって迎えるであろう。

 これら、自称「聖なる人たち」「よい人たち」が切に望むのは、この世の成功、富、権力、名誉、快楽、ルシフェルと悪魔たちが提供する、地獄へとまっしぐらに進む道である。

 これに反して、神ちゃまが与えようとしている、永遠の無限のしあわせである「天国」への道は、苦しみ、悲しみ、はずかしめの十字架の道である。

| コメント (0) | トラックバック (0)

◆2012年の戦いに向けて(2)

◆2012年の戦いに向けて(2)
「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちへ
 http://ameblo.jp/lpdoushuku/

 さて、みんなに、ぼくたちがいま生きている時代の現実をはっきりと把握するために、以下の事実を肝に銘じてほしい!

 地獄は実在する! 今、死ぬ人の10人のうち9人が、自ら望んで、神ちゃまが永遠にいない世界、つまり地獄を選んでいる。すでに地獄の王、ルシフェルは肉体をもって、この地上をあばれまわっている。彼の名は反キリスト、ロード・マイトレーヤである。

 これはキリスト教世界だけの話ではない。むしろ、日本人であるぼくたち全員の、非常に近い将来に直結する重大な話である。

 神ちゃまは、ぼくたちに教えてくれている。もし、みんながこのままの生き方を「よし」として生きるなら、日本は関東・東海・南海地震、富士山の大爆発etc の大自然災害におそわれたあげく、共産中国軍の侵略をうけ、日本国民の60%が虐殺される。

 そして、最終的に日本全土は海中に没し、日本という国そのものが消滅してしまうんだ。

 これは、遠い未来のSF小説などではない。早ければ数ヶ月以内、遅くとも2〜3年以内に実現してしまう、おそろしい現実のシナリオなのである。

 この戦慄すべき現実に対して、神ちゃまは、日本全土が救われるだけでなく、「日本が全世界の光となる」、偉大なご計画を提示してくださっている。

 反キリスト、ロード・マイトレーヤは、自らを「再臨したイエズス」「再臨したマホメット」「再臨したブッダ」etc として宣言し、全世界の人々の前で大いなる不思議をおこない、世界統一政府、世界統一宗教を樹立する。ナチスドイツのヒトラーをはるかに上回る恐怖の支配をおこない、彼を礼拝しない者は皆殺しにされ、彼に従う者すべてを最終的に永遠の地獄にひきずりこむ。

 反キリスト、ロード・マイトレーヤに打ち勝てるのは、彼を打ち倒し、永遠に地獄に閉じ込める2つの鍵を、神ちゃまからいただいたリトル・ペブルさん、つまり「最後の教皇 リトル・ペトロ・アブラハム2世」と、リトル・ペブル同宿会の創立者、「ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ」、この2人だけである。

 神ちゃまのご計画は、ぼくたち日本人の中でも、弱い人、悪い人、見捨てられた人たちが、ジャン・マリー神父とリトル・ペブルさんのもとで、「マリアママの光の戦士」として立ち上がり、

(1)天皇陛下と皇后陛下が、日本を「マリアママのけがれなき御心」に奉献し、

(2)天皇陛下と皇后陛下が、日の丸の中に金色の十字架をあしらった、新しい国旗を制定すること。


 そうすれば、神ちゃまは全能の力で、共産中国軍の侵略を阻止し、「日本を世界の光としてくれる」と、約束してくださっているんだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

◆2012年の戦いに向けて(1)

◆2012年の戦いに向けて(1)
「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちへ
 http://ameblo.jp/lpdoushuku/


 ぼく、コルベ・マリー・ヨハネは、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちの指揮官として、神ちゃまから使命をうけている。

 ぼくたちは、世間の人々から「無価値なもの」「お荷物」「死んでしまえ!」とレッテルを貼られているが、実は神ちゃまから誰よりも愛されている存在であり、「マリアママの光の戦士」の「最精鋭部隊」として呼ばれていることを知ってほしい。

 いまのまんまのみんなで、「マリアママの光の戦士」として大活躍できるんだよ!

 自分たちの霊魂の救いだけでなく、悪魔の餌食になってしまっている多くの霊魂たちを、悪魔の手から奪い返し、神ちゃまが用意してくれている「天国」で、永遠のしあわせにともにあずかることができるんだよ!

 親や先生、世間の人たちがふりまわしている価値観は、全部「うそっぱち」だよ! まったく逆なんだ! 神ちゃまは弱ければ弱いほど、悪ければ悪いほど、それをはるかに上まわって、ぼくたちを限りなく愛してくれているんだ。

 そして神ちゃまは、限りなくやさしく、誰よりも強いマリアママ(聖母マリア様)を、みんな一人一人に与えてくれているんだよ。

 マリアママは、みんなのことを絶対に見捨てない。いつもいっしょにいてくれて、みんなのことをやさしく抱きしめていてくれるんだ。

 だから、ちっちゃい子の言葉でマリアママとお話しするんだよ。「マリアママ、助けてね!」「マリアママ、いつもいっしょにいてね!」「マリアママ、ぼく(わたし)、とってもつらいの……」ってね、みんなのすべてを、幼な子の言葉で、やさしいマリアママにうちあけるんだよ。

 そうすればマリアママは、みんなが知らないうちに、やさしい神ちゃま、救い主であるイエズスのところに連れていってくれるんだよ。

 みんなは、ひとりぼっちじゃないよ。生まれた時から、神ちゃまは、マリアママは、みんなのことをギュッと抱きしめて、愛して、守ってきてくれていたんだ。そして、これからも神ちゃまは、マリアママは、みんなのことを絶対に見すてたりはしない!!

 このことを知って、幼な子になって、マリアママに「マリアママ、助けてね!」「マリアママ、いっしょにいてね!」って、お話ししてほしい。これが本当の「祈り」だよ。そして、「神ちゃま、ごめんなちゃい。こんなぼくだからこそ、こんなわたしだからこそ、愛してくれるもんね! ゆるしてくれるもんね! 救ってくれるもんね!」って言うんだよ。

 そして、恐れないで、「マリアママの光の戦士」として立ち上がってほしい。日本の運命を、世界の運命をになっているのは、他ならぬ、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」みんな一人一人だからだ。

 いまのまんまのみんなで、神ちゃまの最精鋭部隊になれるんだ。やることは、たった2つのこと。

(1)幼な子になり、マリアママによりすがること。

(2)ジャン・マリー神父とリトル・ペブルさんを、正々堂々と「私は、彼らを信じる。彼らは神ちゃまが立てた、まことの預言者、マリアママの使徒たちだ!」と宣言すること。

 これだけで、みんなは、ばくだいな数の霊魂たちを救うことができるんだ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

ベネディクト16世教皇へのオープンレター 2010年11月11日

ベネディクト16世教皇へのオープンレター 2010年11月11日
【 YouTube 】
 http://www.youtube.com/watch?v=vKZ3KNiNL5E

あなたの死は間近です。来年です。2011年にあなたは死にます。
私は、あなたにやるべきことをやって欲しい。


◆◆ 手の聖体拝領を禁じて欲しい。 ◆◆

 イエズスは手の聖体拝領をするのなら、ミサ挙行をやめよと言いました。

◆◆ すべての恵みの仲介者、あがないの共贖者のドグマを発表して欲しい ◆◆

 イエズスは、あなたが日本の秋田の湯沢の寺沢に来て欲しいと言いました。すべての恵みの仲介者、あがないの共贖者の聖母のタイトルで、聖母マリアが、そこでご出現しています。イエズスは、あなたに寺沢のご出現地でドグマを発表して欲しいと言いました。

◆◆ 私、リトルヨハネであるジャンマリー・ソーンブッシュ神父の司教叙階、リトルヤコボであるミシェル・マリー・フランソワ・ジョゼの司祭叙階と司教叙階、リトルペトロであるリトルペブル助祭の司祭叙階と司教叙階をして欲しい ◆◆

 イエズスは、3人の叙階をあなたに、その時、その地でやって欲しいと言いました。すなわち、ドグマを発表する時に、寺沢のご出現地で、あなたが行うようにと言いました。

 ヨハネ・パウロⅡ世教皇は、あなたに遺書を書いて渡しました。あなたは、それを読みました。やるべきことをやって欲しいとそこには書いてありました。ラッツィンガー枢機卿宛の遺書でした。次の教皇宛ではありませんでした。次の教皇は、あなたではなかったからです。その時点では、反キリストに仕える反教皇が選ばれる予定でした。しかし、神は、反キリストと反教皇が全世界と全教会を統治するのを遅らせるために、コンクラーベに介入しました。そして、神は、遺書をたくされたあなたを教皇にしました。

 しかし、あなたの死後、とうとう反教皇が君臨するのです。全教会は、反教皇に従うのです。全修道会さえも反教皇に従うのです。そして、反教皇は全世界の人々に反キリストを神、メシアとして礼拝させるのです。こうして、世界統一宗教が人類史上はじめてうちたてられます。

 神はこの世界統一宗教を打ち倒すために「人手を借りずに、ある山から切り出された石」(ダニエル書 2.34)、「白い小石」(ヨハネの黙示録 2.17)である、あなたと共にキリストの代理者の、リトルペトロ・アブラハムⅡ世教皇をたてました。すなわち、リトルペブル助祭です。

 神は彼のもとに、ご自分のまことの羊と子羊をあつめさせるために、日本人である2人の男性をたてました。すなわち、私、リトルヨハネと、リトルヤコボ・ミシェル・マリー・フランソワ・ジョゼです。なぜなら、日本人は失われた10部族の一部だからです。

 リトルペブル助祭は、「人手を借りずに切り出され」て、すでに現役教皇です。イエズスは、日本であなたが彼に司祭叙階と司教叙階を与えることを望んでいます。

 あなたは、日本の皇室が、私、リトルヨハネによってローマ・カトリックの洗礼を受けることを見ます。日本の皇室の多くのメンバーが、神によって幻視者や神秘家にたてられ、イエズス、マリア、ヨゼフ、聖人たち、天使たちに導かれるのを見ます。日本の皇室に導かれて日本の国民がリトルペブルのもとに集められるのを見ます。

 あなたご自身は、聖ベネディクト大修道院長のご出現を受け、彼に導かれます。

 このオープンレターが真の神からのものであり、その内容が全て真実であることをあなたは、次のしるしによって知ります。ヨハネ・パウロⅡ世の棺を開けて中を確認してください。その中には、ヨハネ・パウロⅡ世の体は存在しません。すでに、天使がヨハネ・パウロⅡ世の体をポーランドのクラクフに運びました。列福調査委員会は、棺を開けてヨハネ・パウロⅡ世の遺体が無いことを確認しています。そのことをあなたには隠しています。

 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


2010年11月11日
ジャンマリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ

リトル・ペブル同宿会
〒012−0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
TEL・FAX 0183−42−2762
E-mail charbeljapan@nifty.ne.jp
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/

| コメント (0) | トラックバック (0)

Ustream放送中♪

Ustream放送中♪
こるべまりい hikikomori TV

http://www.ustream.tv/channel/kmj

| コメント (0) | トラックバック (0)

晩ごはん♪

晩ごはん♪
o(^-^)o

| コメント (0) | トラックバック (0)

地獄はあるぞ!反論できるならかかってこい!

地獄はあるぞ!反論できるならかかってこい!
全世界の報道機関への公式声明 2010年10月28日

地獄はあるぞ! 地獄は無いと確信しているカトリックとプロテスタントの聖職者や信徒よ、神ちゃまは大天使ラファエルちゃんに、マリーマドレーヌ・ダニエル・ソーンブッシュを、バイロケーションで地獄に連れて行かせて、目撃者、証人としたぞ!

反論できるならかかってこい!

ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネと、
リトル・ペブルさんを受け入れろ!

2010年10月28日 リトル・ペブル同宿会

ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
ミシェル・マリー・フランソワ・ジョゼ・リトルヤコボ
コルベ・マリー・ヨハネ


【 YouTube 】
 地獄はあるぞ! 反論できるならかかってこい!
 http://www.youtube.com/watch?v=T0asOTB9rAg

 ピッカレータは「偽の幻視者」だった!
 http://www.youtube.com/watch?v=FRi6FPnokug

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »