« ベネディクト16世教皇へのオープンレター 2010年11月11日 | トップページ | ◆2012年の戦いに向けて(2) »

◆2012年の戦いに向けて(1)

◆2012年の戦いに向けて(1)
「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちへ
 http://ameblo.jp/lpdoushuku/


 ぼく、コルベ・マリー・ヨハネは、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」人たちの指揮官として、神ちゃまから使命をうけている。

 ぼくたちは、世間の人々から「無価値なもの」「お荷物」「死んでしまえ!」とレッテルを貼られているが、実は神ちゃまから誰よりも愛されている存在であり、「マリアママの光の戦士」の「最精鋭部隊」として呼ばれていることを知ってほしい。

 いまのまんまのみんなで、「マリアママの光の戦士」として大活躍できるんだよ!

 自分たちの霊魂の救いだけでなく、悪魔の餌食になってしまっている多くの霊魂たちを、悪魔の手から奪い返し、神ちゃまが用意してくれている「天国」で、永遠のしあわせにともにあずかることができるんだよ!

 親や先生、世間の人たちがふりまわしている価値観は、全部「うそっぱち」だよ! まったく逆なんだ! 神ちゃまは弱ければ弱いほど、悪ければ悪いほど、それをはるかに上まわって、ぼくたちを限りなく愛してくれているんだ。

 そして神ちゃまは、限りなくやさしく、誰よりも強いマリアママ(聖母マリア様)を、みんな一人一人に与えてくれているんだよ。

 マリアママは、みんなのことを絶対に見捨てない。いつもいっしょにいてくれて、みんなのことをやさしく抱きしめていてくれるんだ。

 だから、ちっちゃい子の言葉でマリアママとお話しするんだよ。「マリアママ、助けてね!」「マリアママ、いつもいっしょにいてね!」「マリアママ、ぼく(わたし)、とってもつらいの……」ってね、みんなのすべてを、幼な子の言葉で、やさしいマリアママにうちあけるんだよ。

 そうすればマリアママは、みんなが知らないうちに、やさしい神ちゃま、救い主であるイエズスのところに連れていってくれるんだよ。

 みんなは、ひとりぼっちじゃないよ。生まれた時から、神ちゃまは、マリアママは、みんなのことをギュッと抱きしめて、愛して、守ってきてくれていたんだ。そして、これからも神ちゃまは、マリアママは、みんなのことを絶対に見すてたりはしない!!

 このことを知って、幼な子になって、マリアママに「マリアママ、助けてね!」「マリアママ、いっしょにいてね!」って、お話ししてほしい。これが本当の「祈り」だよ。そして、「神ちゃま、ごめんなちゃい。こんなぼくだからこそ、こんなわたしだからこそ、愛してくれるもんね! ゆるしてくれるもんね! 救ってくれるもんね!」って言うんだよ。

 そして、恐れないで、「マリアママの光の戦士」として立ち上がってほしい。日本の運命を、世界の運命をになっているのは、他ならぬ、「ひきこもり」「登校拒否」「対人恐怖症」「うつ病」「自殺したい」みんな一人一人だからだ。

 いまのまんまのみんなで、神ちゃまの最精鋭部隊になれるんだ。やることは、たった2つのこと。

(1)幼な子になり、マリアママによりすがること。

(2)ジャン・マリー神父とリトル・ペブルさんを、正々堂々と「私は、彼らを信じる。彼らは神ちゃまが立てた、まことの預言者、マリアママの使徒たちだ!」と宣言すること。

 これだけで、みんなは、ばくだいな数の霊魂たちを救うことができるんだ!

« ベネディクト16世教皇へのオープンレター 2010年11月11日 | トップページ | ◆2012年の戦いに向けて(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆2012年の戦いに向けて(1):

« ベネディクト16世教皇へのオープンレター 2010年11月11日 | トップページ | ◆2012年の戦いに向けて(2) »