« 檄文 日本の右翼と神主の若者たちへ | トップページ | 昨日は仙台まで »

檄文 韓国の若者たちへ

− 全世界の報道機関への公式声明 2007年11月9日 −

 北朝鮮は、韓国全土を占領することに決めています。先制攻撃に核弾頭を使うことに決めています。共産中国もロシアも北朝鮮を支援することに決めています。

 皆さんの国の滅亡が目前に迫っているのに、あなたたちはいったい何をやっているのですか。過去から学ぶことが出来ないのですか。

 韓国の滅亡をさけるための唯一の道を、韓国の若者たちに託すと神は定めました。

目を覚まし、立ち上がりなさい!

 あなたたちしかいないのです。

 リトル・ペブルを知り、愛し、支持すること。これがあなたたちによってなされるなら、韓国の悲惨な未来は変えることができます。

 また、皆さんは、神から助けを得るために、日本の寺沢(秋田県湯沢市)に行くように。そして、聖母マリアと共にご出現している1624年の韓国人殉教者夫妻シストとカタリナに祈るように。今、この時の韓国を救うためのご出現地です。

2007年11月9日
復活された神の子のジャン・マリー神父
[ サイン ]

PDF版
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/071109_gekibun_korea.pdf

【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie of the Risen Son of God
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
  URL : http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/


« 檄文 日本の右翼と神主の若者たちへ | トップページ | 昨日は仙台まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156227/45980430

この記事へのトラックバック一覧です: 檄文 韓国の若者たちへ:

« 檄文 日本の右翼と神主の若者たちへ | トップページ | 昨日は仙台まで »