« 「33年」(65-2)こんなに六左衛門が好きなのに……マグダレナの想い | トップページ | 「33年」(66-2)岩瀬の御台・昌寿院のこと……再会 »

「33年」(66-1)岩瀬の御台・昌寿院のこと……再会

「33年」(66-1)岩瀬の御台・昌寿院のこと……再会
六左衛門
「カタリナ。ぼくは、これから藤兵衛さんの家に住んで、そこから、あちこち伝道の旅にでるんだよ。」

カタリナ
「うん。今、マグダレナから聞いたわ。うれしいわ。さあ、家にあがってよ。お茶のみながら話しましょう。話すことが山ほどあるのよ。」

 家には、おなかの大きな八重だけがいる。六左衛門が来たのに気づいていて、もうお茶を準備してくれていた。八重も六左衛門にだきつく。

八重
「あやーロクザエモン、ひさしぶりだな。」
(六左衛門、久しぶりね。)

六左衛門
「久しぶりだね、八重、かわりはないかい。」

八重
「かわったごどあるんし。」
(変わりはあるわ。)

六左衛門
「えー。どうしたの?」

八重
「おら、はらさこどもでぎだの。」
(私、おなかに子どもができたのよ。)

六左衛門
「本当。やー、おめでとう、八重。そして、カタリナも。初孫だね。カタリナとシストにとっては。」

 六左衛門は、カタリナをふりむく。

六左衛門
「あ、そうそう。忘れないうちに今日の大事な用件を話しておかなきゃ。カタリナの話しがはじまるまえにね。」

 六左衛門はすわって、お茶を一口すするときりだす。

六左衛門
「さっそく伝道旅行の話しなんだけど。昌寿院(しょうじゅいん)のところにも行くから、カタリナとシストをそこに連れていきたいんだ。シストが都合がいい日にいっしょに行こう。」

 カタリナが、目をかがやかしてうなずく。

カタリナ
「行く行く。シストも私も、昌寿院ていう人に会ってみたいって思ってたのよ。六左衛門ありがとう。」

 こうして話しは決まった。

 カタリナからはキリシタン追放令によって、全国の鉱山で院内銀山一ヶ所だけが迫害され、ペトロ人見が山奉行職をはくだつされ、出羽の国を追放されたことと、山奉行ペトロ梅津が銀山の他のキリシタンを迫害しないという条件でキリシタンの信仰を捨てる誓約したことまで、11ヶ月の間に起こったことを6カ月分話したが、晩ごはんのために六左衛門が帰る時間がきた。

六左衛門
「じゃ、また、今度ね。ところで、あの子安観音はマリアママとイエズスかい?」

カタリナ
「きゃー。忘れてた。そうよ。マリアママとイエズスよ。また、今度、このことを話すわ。またね。」

-----------------
2009年6月17日 UP
著者 ミッシェル・マリー・フランソワ奥田力
(C) 箱舟の聖母社

http://lphakobune.web.fc2.com/33nen_066.html


« 「33年」(65-2)こんなに六左衛門が好きなのに……マグダレナの想い | トップページ | 「33年」(66-2)岩瀬の御台・昌寿院のこと……再会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156227/45573577

この記事へのトラックバック一覧です: 「33年」(66-1)岩瀬の御台・昌寿院のこと……再会:

« 「33年」(65-2)こんなに六左衛門が好きなのに……マグダレナの想い | トップページ | 「33年」(66-2)岩瀬の御台・昌寿院のこと……再会 »