« 本日のベストショット♪ | トップページ | 「33年」(65-2)こんなに六左衛門が好きなのに……マグダレナの想い »

「33年」(65-1)こんなに六左衛門が好きなのに……マグダレナの想い

「33年」(65-1)こんなに六左衛門が好きなのに……マグダレナの想い
 同じ1614年の7月。寺沢に六左衛門が来た。いつものように寺沢藤兵衛の家に向かっている。田んぼは青々と稲が育って、風に吹かれている。藤兵衛の屋敷について、おもやの玄関を開けて叫ぶ。

六左衛門
「こんにちは。藤兵衛さん。マグダレナ。」

 奥からドタドタと走る音。マグダレナだ。はだしで玄関の土間に飛び降りて六左衛門にしっかりとだきつく。

マグダレナ
「六左衛門……。」

 マグダレナは六左衛門の胸に顔をうずめて、力まかせにギューギューしがみつく。六左衛門は笑っていう。

六左衛門
「こんなあいさつをするのは、マグダレナだけだよ。怪力だね。」

マグダレナ
「いじねんもあえねがったんだがら、あだりめだべった。」
(一年も会えなかったんだから、あたりまえでしょう。)

六左衛門
「11ヶ月だよ。」

マグダレナ
「とにかぐ、長すぎるべった。まんず、首っこしめでけるが。」
(とにかく長すぎるの。しめ殺してやりたいわ。)

 マグダレナは、六左衛門をはなそうとしない。疲れて腕の力が抜けるまで続けるつもりだ。藤兵衛が玄関に来た。困っている六左衛門を見て笑う。

藤兵衛
「六左衛門さん。まんず久しぶりだな。こんかいは、何日泊まっていぐどごだべ。」
(六左衛門さん、久ぶりですね。今回は、何日、泊まりますか。)

 藤兵衛はマグダレナに、六左衛門をはなしてやれなどとは言わない。マグダレナが心ゆくまで六左衛門に甘えるのをよろこんでいる。

六左衛門
「それなんだけど。これからぼくはこの家に住みたいんだ。」

 マグダレナが、ぱっと六左衛門からはなれる。思わず聞きかえす。

マグダレナ
「六左衛門。このえさすむのが?」
(六左衛門。この家に住むの?)

 両手で胸を押さえ、目も口も大きくひらいたまま、マグダレナは立ちつくす。心臓がドキドキして胸から飛び出しそうになる。頭の中が真っ白になる。

藤兵衛
「このえさ住む。それはいいごどだ。一緒にすんで、いっしょに神様のためにはだらぎましょう。さあ、あがってたんせ。」
(この家に住む。いいですとも。いっしょに住んで、いっしょに神のために働きましょう。さあ、あがって下さい。)

六左衛門
「藤兵衛さん、ありがとう。」

 藤兵衛と六左衛門は、かたまってしまったマグダレナをそこに残して、奥にあがってゆく。しばらくしてマグダレナはふらふらと外に出てゆき、道をあるきだす。

-----------------
2009年6月16日 UP
著者 ミッシェル・マリー・フランソワ奥田力
(C) 箱舟の聖母社

http://lphakobune.web.fc2.com/33nen_065.html


« 本日のベストショット♪ | トップページ | 「33年」(65-2)こんなに六左衛門が好きなのに……マグダレナの想い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156227/45554323

この記事へのトラックバック一覧です: 「33年」(65-1)こんなに六左衛門が好きなのに……マグダレナの想い:

« 本日のベストショット♪ | トップページ | 「33年」(65-2)こんなに六左衛門が好きなのに……マグダレナの想い »