« おもろいやっちゃのう!− 天使ケルビムちゃんからのメッセージ | トップページ | また、夏の青春18切符の旅のシーズンがめぐってきますた♪ »

識別について(7) マリー・マドレーヌの自叙伝からの抜粋

識別について(7) マリー・マドレーヌの自叙伝からの抜粋
マリー・マドレーヌ:

 こんかいのローキューションから、問題点が出てきました。長から指摘を受けたのですが、言葉が口に置かれ、しゃべらされる感じになったことです。

 ふつう、天からのローキューションは、耳にきこえてきた言葉を、おうむがえしに言うのが正しいです。

 けれど、わたしの、こんかいから受けたマリア様、ヨゼフ様、イエズス様のローキューションですが、観察の必要がでてきました。

 ところどころ文法の混乱が見られるようになったこと。「だから」が必要以上におおい。「すべて」も必要以上に使っている。文がだらだらになって切れない。そのため意味がわからない。きれいな日本語の文法でない。こんな状態です。

 それから、言葉につまることがおおくなり、心の不安が増してきたことです。

 そして、耳にきこえるのではなくて、口に言葉が置かれてしゃべらされるという状態になっていたことです。

 きょうは2005年12月1日になります。きょう、長とおはなししていたときに、わたしの心に引っかかっていたことを、やっとおはなししました。こんかいも、長に言われて、やっとわたしは話をしました。

 じつはわたし自身、プロテスタントの教会にいて、聖霊派とよばれる教会で、予言の賜物を受けたことがあって、そのときに受けていた感じに、いま、にてるようです。

 きょう、わたしは長とはなしをして、ここ何回かローキューションで起きた現象に対処することを、長から言われました。

 次回に同じようなことが起きたら、一度そこで止める。

 口に言葉が置かれたような感じになって、しゃべる状態がとまらないことに気づいたら、すぐ止める。

「長の命令なので」と言って打ち切り、「しるしはありますか?」と聞く。最後にしるしをもとめる。ちょっと観察することになりました。

 口に言葉が置かれるような状態でしゃべらされるのは、巫女さんににてしまうから、警戒するようにと、長からの指示です。

http://lphakobune.web.fc2.com/mm_jijoden_index.html


« おもろいやっちゃのう!− 天使ケルビムちゃんからのメッセージ | トップページ | また、夏の青春18切符の旅のシーズンがめぐってきますた♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156227/45293995

この記事へのトラックバック一覧です: 識別について(7) マリー・マドレーヌの自叙伝からの抜粋:

« おもろいやっちゃのう!− 天使ケルビムちゃんからのメッセージ | トップページ | また、夏の青春18切符の旅のシーズンがめぐってきますた♪ »