« マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ集 | トップページ | マグダラのマリアからのメッセージ(1) »

識別について(6) マリー・マドレーヌの自叙伝からの抜粋

識別について(6) マリー・マドレーヌの自叙伝からの抜粋
マリー・マドレーヌ:

 夕食後、聴力の話題になって、左の耳に風のようなものを感じまして、ジャン・マリー司祭に話しました。しるしを求めるように言われましたので、しるしを求めました。そうしたら「識別のためのしるし」をいただきました。「しもべは聞きます。お話しください」と祈りながら待っていると、ヨゼフ様がお話しくださいました。

 今回の入院(2006年12月1日〜5日)で非常に苦しんだのは、神秘的なことと医学での処方の面でぶつかることでした。ジャン・マリー司祭から「これは神秘的なことだから、そのまま受け入れなさい」と指導されていたんですが、入院中、不安におそわれました。月曜日、右肩の激痛があったのでシップなどしてもらってから、不安になってしまいました。私は「本当に神秘的なことを受け入れたいし、フィアットを言いたいから、助けてください。イエズスを悲しめたくないから」と真剣に祈りました。

 それから私の弱さをついて悪魔の猛烈なアタックを受けました。それでも、気持ちを前向きにもっていける恵みを受けまして、私なりの小さな証しができ、毎日、イエズス様の話しとか、神秘的な痛みの話しとか、看護婦さんたちに話すことができました。そのうち、看護婦さんの一人から「祈ってください」と言われて、びっくりしました。今回の入院で、祈ること、よりすがることを学びました。ヨゼフ様に心から感謝しています。

 最後に「このローキューションは本当でしょうか? しるしはありますか?」と尋ねました。そうすると「識別のためのしるし」をいただきました。

http://hakobune.cart.fc2.com/?ca=21


« マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ集 | トップページ | マグダラのマリアからのメッセージ(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156227/44947773

この記事へのトラックバック一覧です: 識別について(6) マリー・マドレーヌの自叙伝からの抜粋:

« マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ集 | トップページ | マグダラのマリアからのメッセージ(1) »