« 29日の日記 | トップページ | ジュリアーノ司教様について »

127-5聖ヨゼフのユリ

 ずいぶん以前からこのミッションに参加している日本人は、過去の日本に与えられたメッセージを知っており、大警告の間にほとんどの国土が海中に没する日本に、大警告の時点の前に共同体が設立されているかどうかで、沈まずに残る部分の場所と広さが違うことを知っているはずです。日本にとっても、日本人の救霊にとっても、これほど重要な共同体の設立なのですよ。そのためにすべきことの中で最も重要なことが会則会憲をできるだけ多くの人に読ませることです。どうか皆さん、会則会憲を読み、読ませてください。

 多くの人にとって内容を理解するのに経験が足りないことはわかっています。それだからこそ、こうして解説書であり、共同体生活の教科書である「153本の聖ヨゼフの百合」という本を書いて助けを与えているのです。そして皆さんは、日本と日本人の救いでもある共同体の設立を妨げた、会則会憲をかこう行為の根底にあった派閥心のこの恐ろしい害悪を悟ってください。派閥心を捨ててください!

 そして新しくこのミッションに参加する人たちに言います。皆さんはまだ洗礼を受けていませんね。外面的には聖書的な言葉で表現すると、「異教徒、罪人」です。しかしイエズスは聖福音の中で、恵みを拒んだ「選ばれた人」の分の恵みが「異教徒、罪人」に与えられ、「異教徒、罪人」の方が神の国に入るとおっしゃってくださいました。そして今、そのことがまさに起こったのです。御父は皆さん全員に共同体に入る召命を与えてくださっています。この呼びかけに応える人には、召命に応え続け、最後まで堅忍するための恵みを与えてくださいます。あなたたち皆が呼ばれているのですから、どうか皆が聖シャーベル修道会の会則会憲を読んでください。そして特に共同体の設立のメンバーに召されていると神から感じさせられた人は、名乗りをあげてください。神に信頼してください。あなたが完全な「ハイ」を神に向かって言うなら、すべてが恵みによってうまくいくのですから。

http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/

追伸:
 ジャン・マリー神父は、文章はきついことを書いているけど、すごくやさしい神父だよ。とくに、間違っている人、罪人にたいして、信じられないくらいあわれみぶかい神父ですよ。こわがらないで、心をひらいて、悪さをもろだしにしてね。みんな受け入れてくれますよ。


« 29日の日記 | トップページ | ジュリアーノ司教様について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156227/44834660

この記事へのトラックバック一覧です: 127-5聖ヨゼフのユリ:

« 29日の日記 | トップページ | ジュリアーノ司教様について »