« 檄文 「韓国の若者たちへ」 | トップページ | コルベ・マリー阿部哲朗の告白録(7) »

125-4聖ヨゼフのユリ

 そして皆さん全員に言います。メッセージを知ることで「真理の中の真理」を知ることができた皆さんは、この世で最も価値ある財産を預けられ、持たされているのです。これを隣人に与えることは、どんな物質的富を与える行為よりもすぐれた愛徳です。なぜなら隣人に「永遠に続く無限の幸福」を与えることになるのですから。

 だからこの最高の財産を神から預けられたあなたの使命と責任は重大で、同時に、あなたがそれを知らないあわれな隣人に分け与えれば、その報いは限りなく大きいのです。

 神の御旨とは、今それをあなたが全力で行うことなのです。この最高にすぐれた愛徳をあなたが行うことで実る神の救霊のみわざの結果と、日本のマリア様のミッションの保護の両方ともを、神の摂理におまかせしてください。

 神の摂理に信頼するのです。そうすればどちらのことも、カナダのミッションのように、私たち、日本の聖シャーベル修道会のように、神は人知を超えた方法で完璧に行って下さいます。皆さんに悪いことは何一つ起こりません。あなたの心の最大の悪は、組織第一で、隣人の永遠の救い(今この時も死んでゆくたった一人の救いをもです)を二の次にする派閥心からきている価値観の狂いです。その人間的な価値観は、神の価値観とは正反対なのですよ。

 だからあなたは、あなたの安全のためだと言われようが、組織の安全のためだと言われようが、日本のミッション全体の安全のためだと言われようが、メッセージをかこう指示には従ってはなりません。これはあなた個人が神の御旨か、派閥心かのどちらかを選ぶ、神とあなたの問題です。

 あなたは「私は人に従ったまでです」と言って、言い訳することはできません。聖書は「人に従うよりも神に従え」と神の命令をはっきりとあなたにも伝えているのですから。

http://hakobune.cart.fc2.com/ca1/3/p1-r-s/

追伸:
 ジャン・マリー神父は、文章はきついことを書いているけど、すごくやさしい神父だよ。とくに、間違っている人、罪人にたいして、信じられないくらいあわれみぶかい神父ですよ。こわがらないで、心をひらいて、悪さをもろだしにしてね。みんな受け入れてくれますよ。


« 檄文 「韓国の若者たちへ」 | トップページ | コルベ・マリー阿部哲朗の告白録(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156227/44742723

この記事へのトラックバック一覧です: 125-4聖ヨゼフのユリ:

« 檄文 「韓国の若者たちへ」 | トップページ | コルベ・マリー阿部哲朗の告白録(7) »