« 今日の寺沢は | トップページ | 檄文 「韓国の若者たちへ」 »

125-3聖ヨゼフのユリ

 ある人々は、よその国のメッセージの内容を盾に、自分たちの行いを正当化しようとするかもしれません。だからあらかじめ反論しておきます。日本は世界の光となるという特別な、本当に特別な使命に召し出されています。世界の国々がまことの神に、そして唯一の真理であるローマ・カトリックの教えに改心する起爆剤になるという使命です。

 この特殊な事情のゆえに、そして宣教国であるという一般的事情のゆえに、日本での、日本人への神のご要求は、堂々と自分の信仰とリトル・ペブルさんを支持する信念を表明し、天からのメッセージを広めることなのです。

 日本と日本人に与えられたこの偉大な使命を辞退するつもりなのですか? 神のこの素晴らしい預言を信じていないのですか? もうそれが実現するという希望を捨ててしまったのですか? 神が日本人に特に命じておられること、各自が信仰と信念を堂々と表明し、メッセージを多くの人に紹介することをやめて、よその国への指示を採用することを選ぶのは、よその国の将来の事情と日本の将来の使命の違いをわかっていないのです。

 日本は隠れないで宣教しなさいと個々人が命じられている国なのです。

 どうかグループのリーダーたち、プロモーターたちは天からのメッセージをかこわないでください。グループのメンバーはメッセージを広めることについて何ら制限されてはいけません。むしろその逆に、天からのメッセージを精いっぱい広めるようにと励まされるべきです。

http://hakobune.cart.fc2.com/ca1/3/p1-r-s/

追伸:
 ジャン・マリー神父は、文章はきついことを書いているけど、すごくやさしい神父だよ。とくに、間違っている人、罪人にたいして、信じられないくらいあわれみぶかい神父ですよ。こわがらないで、心をひらいて、悪さをもろだしにしてね。みんな受け入れてくれますよ。


« 今日の寺沢は | トップページ | 檄文 「韓国の若者たちへ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156227/44730402

この記事へのトラックバック一覧です: 125-3聖ヨゼフのユリ:

« 今日の寺沢は | トップページ | 檄文 「韓国の若者たちへ」 »