« 春旅の写真集♪ 16 | トップページ | 春旅の写真集♪ 17 »

119-1聖ヨゼフのユリ

「幻視者は何でも知っている」「幻視者は心を見通せる」「幻視者にはそういう能力がある」 これらはみな大間違いです。幻視者は神様が知らせたことだけ、ただそれだけを知るのです。幻視者は人の心を見通せません。神様はそのようなことをお許しになりません。幻視者は「能力」があるのではなく、神に使われるだけです。神がお使いにならない時、幻視者は何もできません。天からのものを見たり聞いたりするのは「能力」ではなく、その瞬間の神の働きであって、奇跡によるその人の五感への介入なのです。

 日本には「みこ」と呼ばれる人々がいて、今は霊能力という言葉もあり、皆さんはそれと混同します。「能力」としてとらえるので、「お伺いを立ててほしい」と「みこ」に対してするのと同じことを幻視者にします。幻視者本人も悪魔にだまされ、自分に「能力」があるのだと、「神の介入」を自分の「能力」としてとらえてしまいます。そして「私には何でも分かる」「私は人の心が読める」等々と思いこみます。これも皆大間違いです。天からの使命をいつ失ってもおかしくない傲慢な思い込みです。

 カトリックの伝統がある国では、こんな大間違いは起こりません。日本人の独特な解釈です。悪魔は日本人の欠点につけ込んで、幻視者自身と幻視者を知ることになった人を最初の一歩目から大きな間違いにおちいらせるのです。両方ともが同じ間違いにおちいるので、誰も間違いに気がつきません。日本ではこの大間違いが天下の常識のようにまかり通っているのです。このことが20年間ずっと続いています。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan

追伸:
 ジャン・マリー神父は、文章はきついことを書いているけど、すごくやさしい神父だよ。とくに、間違っている人、罪人にたいして、信じられないくらいあわれみぶかい神父ですよ。こわがらないで、心をひらいて、悪さをもろだしにしてね。みんな受け入れてくれますよ。


« 春旅の写真集♪ 16 | トップページ | 春旅の写真集♪ 17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156227/44586547

この記事へのトラックバック一覧です: 119-1聖ヨゼフのユリ:

« 春旅の写真集♪ 16 | トップページ | 春旅の写真集♪ 17 »