« 「33年」(36)いくらほめてやってもほめたりねえ | トップページ | 「33年」(37)祖国がすくわれた(その2) »

「33年」(37)祖国がすくわれた(その1)

「33年」(37)祖国がすくわれた(その1)
日がたつにつれ、カタリナは、林一家のなつかしい顔をよくみかけるようになった。晩ごはんを食べながらシストに言う。

カタリナ
「ねえシスト。このごろなつかしい人の顔をよくみかけるのよ。キリシタンつち親になって、よその鉱山に行った人たちなの。ふしぎだわ。」

シスト
「へえー。何なんだろうね。ぼくの方は、今日、林の親分がやってきて、あさっては仕事は休みだって。ぼくたち家族に大森の町で昼ごはんをごちそうしてやるって。」

ルイス坊や
「わーい。大森の町で、ごちそうなんだ。やったー。やったー。」

シスト
「誰か、つち親の襲名式をするのかって聞いたけど、そうじゃないって。いいから、いいから腹ペコにしとけ、ごちそうがいっぱいでるぞ、だってさ。」

最後は、ルイス坊やのおなかをポンポンたたく。

ルイス坊や
「ぼく今から何も食べないでおなかをすかしとくね。」

話題は、どんなごちそうが出てくるかという方へいった。

当日がきた。林の親分とおかみが、シスト一家をむかえにやってきた。それと、どこからあらわれたのか、六左衛門がいるので、シスト一家はびっくり。

カタリナ
「六左衛門。いつ来たの。えー。どうして。」

六左衛門
「お店につくまでないしょだよ。」

六左衛門は、いたずらっぽく答えて、とびついて来たルイス坊やを高くだきあげる。お昼ごろ、大森の町の一番大きな料亭に着き、中にとおされる。部屋につくと、人がいっぱいいるのに、まずおどろかされた。100人はこえている。あちこちでシスト塾をやったシストには、見おぼえがある顔が多いが、あったことのない人もまじっている。林の親分とおかみがシスト一家を上座の方へ、上座の方へと手を引いてつれていくので、シストとカタリナはうろたえはじめた。

林のおかみ
「びくつくことないよ、さあ、こっちだよ。」

とうとう一番の上座、主ひんの席に座らせられてしまった。シストとカタリナには、何がなんだかさっぱり訳がわからない。集まったもの全員が、シスト一家をのぞいて何の祝いか知っている。そして、これがびっくりパーティーだということも。それで、シストとカタリナのうろたえぶりを今、皆がニコニコしながら見守っている。林の親分が全員に立てと手で合図する、シスト一家はすわらせられたままだ。乾杯ではない。いったい何がはじまるのか。ルイス坊やは、皆にならって立ってしまった。

-----------------
2008年9月20日 UP
著者 ミッシェル・マリー・フランソワ奥田力
(C) 箱舟の聖母社

http://lphakobune.web.fc2.com/33nen_037.html


« 「33年」(36)いくらほめてやってもほめたりねえ | トップページ | 「33年」(37)祖国がすくわれた(その2) »