« 「33年」(33)神よ、あなたはよい方です | トップページ | 「33年」(34)心の死 (その2) »

「33年」(34)心の死 (その1)

「33年」(34)心の死 (その1)
 カタリナがシストの手を求める。カタリナの手がどんどん冷たくなるのをシストは感じる。ショックが大きすぎたのだ。シストはこみあげてくる怒りの感情に圧倒され、カタリナの手をにぎったその手がふるえる。シストが怒りに満ちた声をあげる。

シスト
「やつらに、高麗(こうらい)人を殺りくする権利なんてない。高麗を征服する権利なんてない。高麗の人が、自分の国を守って戦うのは、高麗の人の正しい権利だ。」

 最後には、大声になった。カタリナも、涙声で怒りの抗議をする。

カタリナ
「どうして日本人は、誰も秀吉に反対しないの。どうして、こんな悪いことにみんな賛成するの。どうしてなの。」

林の親分
「ちくしょう。なんてーやつだ、秀吉め。死んじまえ。」

林のおかみ
「シスト先生と奥さんがおこるのも、もっともだよ。何で人の国をぶんどらなきゃならないのさ。」

 林の親分とおかみも、いきりたっている。シストとカタリナにとって、自分たちの義憤(ぎふん)に心から同調して、同じ義憤にかられてくれる林の親分とおかみがこの場にいて本当によかった。シストは怒りを表現し、同調してもらわなければ、今はどうしようもない。

シスト
「やつを殺してやりたい。」

林の親分
「おれもだ。」

シスト
「ぼくは、やつが憎い。」

 シストの声は、怒りからうめきに変わってゆく。

シスト
「祖国と同ほうが、こんなめにあうより、ぼくが一万回殺されるほうがいい。」

 人は、自分をひどいめにあわせた人を許すのと、自分が最も大切に思い、愛している人をひどいめにあわせた人を許すのと、どちらがたやすいだろう。実は、前者の方がよりたやすいのだ。そして後者は、最高にむずかしいことなのだ。シストとカタリナが、怒りと憎しみの感情をいだいたのは当然のことだ。

 今、この時点でのシストとカタリナに、神に賛美と感謝をささげながら殺されるよう神が求めれば、二人はそれができるにちがいない。しかし、彼らに、弱りはてた祖国をさらに痛めつけ、生き残っている同ほうを、さらに殺りくすることを秀吉が命じたことについて、今、神に賛美と感謝をささげることはできない。今、秀吉を愛し、許し、祝福することはできない。今の二人には不可能だ。

 連行されてからの一日一日は、祖国愛が増す一日一日だった。特に義兵の抵抗は、伝え聞く二人をいっそう激しく祖国愛に燃えたたせ、今では祖国と同ほうのためには、一万回死ぬことだって望むほどになっている。その祖国が滅ぼされ、民が、特に、義兵が殺りくされる。命令は出て、準備が日本中で始まった。義兵の抵抗によってこの侵略がざせつし、兵が引きあげ、祖国が解放されるという望みは、シストとカタリナはじめ、日本にいる高麗人全員の望みだったのに、その希望の灯は、吹き消されてしまった。

 今から、この状況で神は、シストとカタリナに、ルドビコ茨木(いばらぎ)とパウロ茨木とレオン烏丸(からすまる)の姿と言葉を通して、神に感謝と賛美をささげ、秀吉と日本人をあわれみ、彼らを愛し、許し、彼らに対し柔和であり、彼らのために祈り、祝福するよう求める。この点で、シストとカタリナが神から受ける試練(しれん)は、3人の高麗人殉教者よりもはるかに大きいといえる。しかも、神は、このためしを1年9ヶ月にもわたって、シストとカタリナにかしつづけるのだ。

 1599年1月末に、高麗は完全に解放される。その日まで、日々、絶えず神はシストとカタリナにこの課題をつきつけ、要求し、ためしにためしつづける。2人にとって、生涯の中で最大のためしにあう1年9ヶ月だ。なぜ、このようなことを神は2人になさるのか。それは、2人を最高にすぐれた道具にするためだ。不純な動機はいっさいなく、ただ純粋に愛の動機だけで行動する道具、神の助けがなければ、良いことは何ひとつできないと痛感しているけんそんな道具、どんなに長く待たされても、希望と信頼で忍耐しぬく道具にするためだ。

 シストがうめく。

シスト
「高麗を救いたい。六左衛門。高麗を救うためにぼくは、いったいどうすればいいんだ。ぼくには、何もできない。」

 あれくるった怒りに、悲しみがどんどん混じっていく。シストは、男泣きをはじめた。林の親分は、シストの肩をだきに行き、反対がわから林のおかみがカタリナの横に座る。カタリナは、両手を林のおかみにまわし、だきついて泣く。六左衛門は、シストが静まるのをだまってまちつづけ、男らしく悲しみつつ、論理的に話す準備をしている。

-----------------
2008年9月20日 UP
著者 ミッシェル・マリー・フランソワ奥田力
(C) 箱舟の聖母社

http://lphakobune.web.fc2.com/33nen_034.html


« 「33年」(33)神よ、あなたはよい方です | トップページ | 「33年」(34)心の死 (その2) »