« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

せば、まんず!

せば、まんず!
皆さん、よいお年を♪


無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

「ニュースセレクション 謎のセックス教団」
http://www.gyao.jp/news/
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0049658/


30万アクセス、キリ番ゲットの人♪

30万アクセス、キリ番ゲットの人♪
今、ジャン・マリー神父が特別に祝福しちゃったよ♪(笑)


無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

「ニュースセレクション 謎のセックス教団」
http://www.gyao.jp/news/
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0049658/


祝! 30万アクセス!

祝! 30万アクセス!
リトル・ペブル同宿会のホームページが30万アクセスに達しますた!
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/


無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

「ニュースセレクション 謎のセックス教団」
http://www.gyao.jp/news/
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0049658/


速報! ハタヌイヌイ完成♪(祝)

速報! ハタヌイヌイ完成♪(祝)
リトル・ペブル同宿会の軍旗が、たった今、完成したのにゃ♪


無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

「ニュースセレクション 謎のセックス教団」
http://www.gyao.jp/news/
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0049658/


主のご降誕、おめでとうございます!

主のご降誕、おめでとうございます!
天のいと高きところには神に栄光!
地には善意の人々に平和あれ!

「クリスマス・トゥルー・ストーリー」はこちら!
 http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/cat5200416/index.html


マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ

マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
--------------------------------
2005年7月30日(土曜日)PM17:56
リトル・ペブルさんへ聖母マリア様からのメッセージ
--------------------------------
聖母:
 愛するむすこ、愛するリトル・ペブルあなたを愛し祝福いたします。

【 あなたの質問に対して 】
 9月16日に判決が出されます。あなたはこの判決によって上告します。彼らの判決に対して、あなたは上告して裁判の大勝利のために足を踏み出すように。切に彼らの救霊のために祈ってください。上告したあと、あなたは釈放されます。

 愛する息子、勇気を出して私に信頼し、信頼し続け、あなたの面倒を見る母である私をもっともっと、私をもっともっと信頼して歩みなさい。いつも愛し、祝福し、恵みを与えています。あなたの苦しみ、苦悩を私はよく知っています。あなたを祝福する母がすぐそばにおり、イエズスのゲッセマニの園の祈りをするのと同じように、あなたが苦しんでいることを知っています。おおきな十字架です。でも、あなたは私を愛し、イエズスを愛しているがためにいつもハイと言ってきました。あなたを祝福し、ゆるしている母がいます。

 多くの敵があなたを攻撃しました。けれども、最後に彼らもその罪を償わなければなりません。彼らの救霊のために祈るあなたの祈りを天は喜び、あなたの願いを聞き入れています。祝福を持ってあなたを抱きしめ、恵みに恵みをあなたに加えています。

 あなたは、かつていろいろなことを通して、裁判の大勝利があるということを聞いてきました。そのたびにあなたの前に妨害した多くの敵がありました。あなたはもうその敵を見ることはありません。彼らが神の教会、聖母に対して戦いを挑んだことをあなたは知っています。

 愛するリトル・ペブル、あなたをたてた母を、あなたを立てた天にいつも信頼し、あなたを恵む多くの人々がいることを喜んで受け入れてくれるようにあなたに求めます。愛する子、愛をあなたに、祝福をあなたに送ります。いつもいつもすぐそばにいる愛の母、慰めの母、許しの母、イエズスの涙をいつも目撃した母がいます。

 祝福します。父と子と聖霊との御名によりて祝福します。アーメン。


マルコム・ブロサード司教様からの手紙

マルコム・ブロサード司教様からの手紙
--------------------------------
2005年10月14日 金曜日
皆さんへの告知
--------------------------------
キリストにおける私の親愛なる兄弟たちと姉妹たちへ

 今日、裁判官はリトル・ペブルに、3年半後に仮釈放の可能性のある(with a possibility of parole after 3.5 years )5年間の禁固刑の判決を下しました。上訴が彼の法廷弁護士スタントン氏によりなされました。

 平和のうちにとどまり、祈りのうちに絶えず警戒し、共に苦しむ仲間であり続けてください。それは、私たちが私たちの共通の信仰・希望・愛において一致団結し続けなければならない時だからです。

 聖シャーベル修道会とこの共同体は前進し続けるでしょう。表面的には悪の暗闇の力が勝利を収めたように見えるでしょう。しかしそれは真実ではありません。

 神を、そしてマリア様を信頼してください。神の約束は、それらの適切な時間と条件が満たされた時に、すべて実現されるでしょう。

 今はあなたたちの「フィアット(なれかし)」を生きる時です。論じ、討論し、議論する時ではありません。それは神の御旨への、私達の人生と私達の従順についてです。

 あなたたちの心に愛を保ち、祈りにおいて用心深くあり続けてください。

 あなたたちの祈り、愛、およびサポートに対して感謝します。どうぞ、この苦しみのうちにリトル・ペブルをサポートし続けてください。

キリストにおいて敬具

+ マルコム・ブロサード司教


リトル・ペブルからの公式声明 − ジャーナリズムが活字にしない事実 − 2005年8月2日 −

リトル・ペブルからの公式声明 − ジャーナリズムが活字にしない事実 − 2005年8月2日 −
--------------------------------
ニューサウスウェールズ州シドニー、ダウニング中央地方裁判所において行われたウィリアム・カムの公判
(2005年6月14日−2005年7月8日)
--------------------------------
 ウィリアム・カムのバリスタであるグレッグ・スタントン氏は、6月3日、地方裁判所に出廷し、3か月から6か月の間、公判を停止するよう求めました。これは「カレント・アフェアーズ(Current Affairs)」という番組でメディアがリトル・ペブルに対して繰り広げていた中傷のためです。この番組は、リトル・ペブルが犯罪に関わっていることを示唆していたため、陪審の判断に影響しかねないものでした。シャドボルト判事は、この申立てを却下しました。

 控訴裁判所(Appeals Court)の3人の判事は、6月10日、同申立てを却下し、6月14日に審理を開始する旨を命じました。

その前日である6月13日の夜、別の審理が開始。「カレント・アフェアーズ」が再度放映されました。それは前回の番組と間接的に関連しており、陪審の判断に再び影響を及ぼすものでした。

 カム氏の代理人であるスタントン氏は、6月14日、審理の開始にあたり、メディアの中傷が続いていたため、公判の停止を再度要求。ジョン・ウィリアムス判事はこれを斥け、公判が開始されました。

 被害者とされているのは、ガブリエル・オーショネッシー(Gabrielle O'Shaughnessy)です。

起訴内容の詳細は報道されませんでした。その代わりに加重強制わいせつ罪(Aggravated Indecent Assault)、加重強姦罪(Aggravated Sexual Assault)と書かれました。警察はより重い犯罪事実を負わせ、上級裁判所や地方裁判所に送り、有罪になった時に刑を重くするため、このように罪名を特定した表現を法に基づいてします。そして、このような場合、大抵の人が加重暴行(aggravated assault)という表現から、性行為の強要があったと考えるのです。

実際の起訴内容は次の通りです。

【 被欺事実1--1993年7月5日--1993年9月 】
 ウィリアムは、事務所で、舌を使い唇に接吻した。さらに、体を同女に押しつけた。

【 被欺事実2--1993年7月5日--1993年8月30日 】
 ウィリアムは、事務所でガブリエルに接吻した。胸と肩を衣服の上から触った。

【 被欺事実3--1993年8月1日--1993年9月30日 】
 ウィリアムは、テイフ(TAFE)でガブリエルを車に乗せ、ウロンゴング (Wollongong)まで連れて行った。運転中、股間あたりの衣服で覆われていない脚部を触った。給油するために停車した際、同女に接吻し、胸部を愛撫した。

【 被欺事実4--1993年9月1日--1993年9月30日 】
 ウィリアムは、ボマデリー・テイフ(Bomaderry TAFE)でカブリエルを車に乗せた。その後、ナウラ駐車場あたりで車を停めた。ウィリアムは、ガブリエルに接吻し、脚部を撫で、その後、指を膣に挿入した(15分)。カブリエルは、証人尋問で、次のように証言しています。ウィリアムは、テイフで私を車に乗せました。これが午後3時半から4時くらいのことだったと思います。そして、その後、4時から5時くらいにナウラのテイフで、アレクサンドラ(Alexandra)を車に乗せました。性的暴行が行われたのは、午後4時から5時までの間でした。

【 被欺事実5--1993年9月1日 】
 ウィリアムは、ガブリエルの家に行った。家にはガブリエルの父と母がいた。ウィリアムは、ガブリエルの寝室に入り、同女に接吻し、体の着衣のない部分を触った。

 起訴内容と証拠が法廷で明らかにされました。事件は1993年に起きたとされていました。起訴されたのは2002年であり、約9年後のことでした。

 ガブリエルは、警察に行く前に、「カレント・アフェアーズ」という番組に話を持っていきました。チャンネル・セブン(Channel 7)との間で契約の署名がなされました。この契約を締結したのはシェーン・クーンブリッジというブローカーであり、この男は、ガブリエルが受領した倍額の金銭を受け取っています。ガブリエルは、自分とチャンネル・セブンが契約を失ったと述べています。

【 ジャーナリズムが活字にしていない事実--証拠 】
 ウィリアム判事が事件概要の説示をおこない、これは十分なものでしたが、報道は活字にしませんでした。同判事は次のように述べています。カム氏は起訴が遅れたため、相当な不利益を被っている。さらに次のように言っています。カム氏がガブリエルに対して書いた手紙は、単にカム氏の言ったことに対してカブリエルが答えたものであり、それ自体評価が難しい。ただし、時および出来事から、ガブリエルの主張を証明するものであり得る。

【 被欺事実1 - 証拠なし -- ウィリアムに対するカブリエルの言葉 】
 ガブリエルは証人尋問で、セックスについて何も知らないと証言しました。しかし、ガブリエルは、15歳の誕生日の日に、アレクサンドラ(カム氏側の証人)と一緒に「幸福の条件(Indecent Proposal)」を見に行った。このことはスタントン氏がガブリエルに言ったことです。訴追者は、パラマウント映画を調べ、この映画が上映されたのは1993年の4月から5月であることを確認しました。ガブリエルは、記憶に無いと述べています。

 ガブリエルは、セックスのことは何も知らないと重ねて言っていましたが、スタントン氏はガブリエルに向けて、3通の手紙を朗読しました。そのうちの2通はガブリエルがカム氏に宛てて書いたものであり、その中で、ガブリエルはカム氏に対して、自分がカム氏と一緒に寝ることができるか尋ねています。また、もう1つの手紙で、ガブリエルは、カムの子供を持つことができるかどうかを尋ねています。この三つ目の手紙はクリスティーヌ・ドノフュー(Chritine Donoghue)に宛てた手紙です。ガブリエルは、その中で、次のように書いています。自分がウイリアムを相手に処女を失うこと、それを母は望んでいます。

【 被欺事実2,3,5 -- 証拠なし 】
 訴追者が正式起訴状の日付けの変更を求めましたが、これは犯罪が行われた時が上記の三つの被欺事実と整合性がなかったからです。ウィリアムス判事は、変更を認めました。

【 被欺事実4 -- カブリエルがテイフに行った事実を除き、証拠なし 】
 ガブリエルは、ウィリアムは自分を車に乗せ、その後アレクサンドラを車に乗せた、と陳述しました。アレクサンドラは、被告人側の証人ですが、宣誓の上、テイフの夜間の授業に行ったと証言しました。


以下の証拠書類が提出されました。

 1.テイフ過程証明書(TAFE Course Certificate)
 2.テイフ登録証(TAFE Registration)
 3.テイフ講座一覧表(TAFE Calendaria)
 4.サウス・コースと・レジスター紙の広告
   (「夜間過程(evening course)」のみを紹介するもの)

 さらに、ウィリアムがガブリエルに宛てた手紙(車を修理に出さなければならないので、テイフでガブリエルを車に乗せる旨をその内容とするもの)

 この被欺事実は、法律上、66c(4)に関わるものです。しかし、スタントン氏と訴追者は、判事に対して、1993年当時法律が存在せず、この種の被欺事実の起訴は無効である旨を告げました。法の欠缺であり、この被欺事実についてはカム氏に対して免訴(または無罪)を言渡すべきでした。

 ウィリアムス判事は2004年7月1日、正式起訴状を66c(2)に変更しました。スタントン氏は、刑事訴訟法20条(Section 20 of the Criminal Procedure Act)により、瑕疵のある訴因(a defective charge)の変更は許されない旨を主張しました。


【 被欺事実3 -- ガブリエルは、ウィリアムが自分を車に乗せてウロンゴンまで連れて行った旨を主張 】
 ウィリアムは、前妻の子を訪ねる予定でした。その子供たちは、午後はデイケアセンターにいました。スタントン氏は、ガブリエルに次のように言いました。ウィリアムが子らに会ったのは、午後ではなく、宵の内であった。また、子供たちはデイケアセンターにいたのではない。そして、ウィリアムはいつも、ケンタッキー・フライドチキンかマクドナルドなどで子供たちと会っていた。

 訴追者は、ウィリアムの前妻が署名した文書を提出しました。その手紙によれば、ウィリアムが子供たちに会ったのは、晩早くの午後5時から6時までの間であり、場所はケンタッキー・フライドチキンかマクドナルドであるとされていました。

 性的被害者のカウンセラーであるムーン氏の判断によると、キスや接触を含めて、暴行(assault)が行われた機会は1回だということでした。しかし、ウィリアムがガフリエルニ宛てた20通あまりの手紙が法廷で朗読されましたが、ムーン氏の説明に符合する事実はありませんでした。ガブリエルはムーン氏に、自分は14歳だと言いました。しかし、法廷に提出された証拠によると、15歳でした。

 スタントン氏は、4週間の公判を通じて、判事に対し、あることを繰返し述べました。それは、陪審員の1人が審理に集中せず卑猥なしぐさをして、傍聴人に対してもそれを見せていた、ということです。こんなことが4回ありました。報道関係者もこの振舞いに気付き、16通の宣誓供述書が傍聴人から判事に対して提出されました。判事は、何かを記し、それを脇に置いたのです。

 カム氏は、公判の終りに、最後の証人に対する尋問を求めました。その証人はジャッキー・トピア(Jacquie Topia)といいます。彼女は、「トゥデイ・トゥナイト」という番組に関連しているチャンネル7の契約について、共謀の事実があったという証言をしました。その共謀に加わらないかと誘われたが、ジャッキー・トピアはそれを断ったというのです。その証言によると、一人当たり6万ドル、有罪判決が出たらボーナスとしてさらに6万ドルという契約があったそうです。判事は、この証言を考慮に入れませんでした。

 ウィリアムス判事は、ここに書いてあることの大部分について、非公開とする決定(Non-Publication Order)を下しました。報道機関が在廷していたにもかかわらずです。このことには注意が払われるべきだと思います。

 陪審は、これらの事実が争われていたとき、ほとんど法廷にいなかったのです。したがって、どのようなことがあったかを知りません。

 ウィリアムス判事は、最後に事件を要約しました。それは、陪審がどのように判断を下すべきかを述べるものです。判事は陪審に言いました。もし合理的な疑いを超える確信が得られず、日付および場所が被害者の主張と一致しない場合には、カム氏を無罪とするように。

 陪審員は木曜の午後3時に別室に移りました。陪審は水曜日に戻り、事実が一致しない旨を述べたのです。判事は無罪の評決を下すように言いました。

 判事は木曜の朝、陪審が午後3時までに結論に至らない場合には、陪審員を罷免する旨を告げました。陪審がさらに時間を要する旨を告げたため、判事は、金曜の午前まで猶予を与えました。

 陪審は、判事による要約(summary)の反訳記録(transcript)を求め、判事は、それには2週間かかるため、不可能であると告げました。しかし、前日の公判手続の反訳記録は常に、翌日、陪審員が利用できたのです。

 評決は、金曜日の午後2時に下されました。有罪の評決が読み上げられたとき、陪審員の1人が泣いていました。事件は上訴審に移審します。

ウィリアム・カム
2005年8月25日


マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた公的メッセージ

マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられた公的メッセージ
 下記の公的メッセージは、2005年7月19日、リトル・ペブルさんによって確認されました。しかしながら、100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのものと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任です。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッセージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2004年9月12日
--------------------------------
 私はリトル・ペブルさんが最後の教皇であるということを天から示されました。外にいたときに冠を見ました。背が高くキラキラと輝いている大きな冠です。教皇様の冠です。

 私はマニフィカトを聴きながらバスを待っていました。音楽を聴いていたとき、私の霊魂は荘厳で権威に満ちた雰囲気に打たれました。圧倒されました。いつもとは違う状態になりました。神秘的な体験です。

 そのとき、「リトル・ペブルさんは最後の教皇である」という言葉が私の心の中に埋め込まれました。耳で聴いたのではありません。

 また、私は数日前から「最後の教皇」という本を読み始めていました。リトル・ペブルさんの愛の深さ、信仰の強さに大変衝撃を受けました。そのことを思い巡らすときが多くなりました。リトル・ペブルさんの頭の上に冠が載せられ、輝いているのがとても印象的でした。私の頭から離れなくなりました。


--------------------------------
2005年7月15日(金曜日) PM11:59
マリア様からの公的メッセージ
--------------------------------
聖母:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたに伝えます。リトル・ペブルさんを支持し、強く宣言するようにあなたに命じます。私たち、天が望む最後の教皇として、愛するリトル・ペブルを選びました。彼を支持し、彼に仕えなさい。恐れないで戦い続けなさい。

マリー・マドレーヌ:
 リトル・ペブルさんが最後の教皇であるというメッセージを受ける前、腹部が熱くなりました。心を沈めて「僕(しもべ)は聴きます。お話ください」と祈りました。聖なる空気をそばで感じたので、しるしを求めました。そうしたらしるしがありました。

 最初に「リトル・ペブルさんのことを強く支持し、宣言するように命じます」と言われました。女性の声です。マリア様と同じ声です。バラの香りは今回ありませんでした。

 天が望んでいる最後の教皇であるということの確認です。私自身に語られました。司祭が聖水をまいてくれました。一瞬緊張感が走ってその場にピリッとした空間がありました。本当に一言一言の語り掛けに緊張しました。一言も聞き逃さないようにしました。心の緊張感を感じたのは初めてです。リトル・ペブルさんのことでローキューションをいただいたのは今回が初めてです。


リトル・ペブルからの手紙 審理の評決 − 2005年7月9日 −

リトル・ペブルからの手紙 審理の評決 − 2005年7月9日 −
聖母マリアとそのミッションを信奉し、その友人である皆さんへ

 神の御名において、ご挨拶を申し上げます。すでに私の事件と審理について、見聞なされている方もいらっしゃると思います。陪審の評決が昨日なされ、有罪と判断されました。

 このことは、皆さんにとって理解しがたいものでしょう。まず皆さんの愛と祈りに感謝いたします。皆さんがしてくれたミサと捧げ物に感謝します。

 これは苦難の時です。イエズスとマリアも同様のことを経験しました。

 安心して下さい。私は元気です。キリストとともに十字架を担う特権を与えられているからです。

 友である皆さん、全てが失われたかのように見えるかもしれません。でも、そうではありません。このミッションは、神の御言葉を礎として始まったものであって、人の言葉によるものではないからです。

 信頼し、希望を持ってください。なぜなら神の約束は成就するからです。

 判決言渡し手続は、2005年の9月中旬に行われます。ただし、私たちは上訴します。これが効を奏せば、昨日の評決は覆されることになります。

 私を訴えた人たちのために祈って下さい。彼らが真実に改心するように祈って下さい。私と私の子ら、そして神のミッションに害を加えようとする人たちのために祈って下さい。

 世間はいつの日か、事件の真実を知り、不正の重大さを理解するでしょう。

 すべてにおいて神が褒め称えられますように。

 どうか続けて私のために祈って下さい。

 愛と祝福と祈りをもって

神の祝福がありますように。

[署名]

ウィリアム・カム
リトル・ペブル

http://www.shoal.net.au/~mwoa/documents/letter_lp_verdict_trial_9july2005.html


リトル・ペブルから神の子供たちへ − 2005年5月3日 −

リトル・ペブルから神の子供たちへ − 2005年5月3日 −
神の子供たちへ

 私は、私たちの主にして救い主、イエズスの御名において、あなたたちにあいさつします。

 過去の6週間かそこらの間に、世界は、教皇ヨハネ・パウロ2世のニュース − 彼の続いた体の不調、そして死 − その後おこなわれた教皇ベネディクト16世の選挙を知ることで呆然とさせられています。

 信仰深いレムナント・チャーチのような、世界中の幻視者たちは、また私たちの最愛のパパ様が亡くなられたこと知ることに放心状態になるほどのショックを受けました。約30年の間に世界に広まっていた数千の私的啓示 − 天が明らかにした教皇ヨハネ・パウロ2世の使命についての大きな期待とともに、そして天が彼を連れて行く前に遂行することを、彼らが望んだことにによって、よりそうなりました。そして、一瞬にして、すべてはなくなりました − 多くの者が驚いたように。そして、誰が教皇ヨハネ・パウロ2世の後継者になるのかについて混乱が起こりました − (教皇ペトロ2世としての)リトル・ペブルなのか、反教皇なのか。多くの預言は反教皇がヨハネ・パウロ2世に続き、その間、教皇ペトロ2世という名の真実の教皇が統治すると、記述しています。

 さて、私は預言に間違いがないことをあなたたちに説明することを望みます − しかし、それは神秘に囲まれています。第一に、多くの人々が死んだと信じていますが、教皇ヨハネ・パウロ2世は死んでいません。彼は神において眠っているのです。そして適切な時がきたら眠りからさめるのです。教皇ベネディクト16世、彼は「オリーブの栄光」 − 最後から2番目の教皇ですが、真実の教皇です。彼は教皇ヨハネ・パウロ2世の仕事を完遂するでしょう。ベネディクト16世が死ぬとき − そして反教皇は崇められるでしょう。そして教皇ヨハネ・パウロ2世は、反教皇を弾劾するために戻るでしょう。

 覚えていなさい、反教皇が来るためには、ペトロの玉座の上にまた一人の真実の教皇が来なければなりません。教皇ヨハネ・パウロ2世は戻るでしょう、そしていったん彼が去ったなら − 反教皇の治世の間に教皇ヨハネ・パウロ2世の後で私がペトロの座に昇るという預言が果たされて、私は真実の教皇の場所につくでしょう。

 私は信じます、教皇ベネディクト16世が、神が教皇ヨハネ・パウロ2世に望まれた全てを果たすことを。すなわち、聖母のドグマ(教義)「全ての恵みの仲介者、そして共贖者である聖母」において祝された乙女マリアの戴冠をおこなうでしょう。新しい会議を召集するでしょう − 聖にして母なる公教会の間違いを正すために。そして、可能ならば、ファティマの聖母によって頼まれたロシアの奉献。そして最後に、私たちのミッションの調査を命じて、聖シャーベル修道会を認可し、そして私を司祭に叙階することを。

 これは私たちの祈りであり、私はまたあなたたちにもお願いします。どうぞ、私がレムナント・チャーチを準備する神の仕事を続けることができるように、法廷での私の勝利が今来ることを祈ってください。

 私は神の下僕として、そしてマリア様の愛の奴隷としてとどまります。

ザ・リトル・ペブル
[ サイン ]
ペトロ・アブラハム2世


リトル・ペブルからの手紙 − 2005年4月20日 −

リトル・ペブルからの手紙 − 2005年4月20日 −
神の民へ

平和と祝福が皆さんの上にありますように。
教皇ベネディクト16世万歳。
オリーブの栄光。

 愛する霊魂たちよ、ラッツィンガー枢機卿が教皇として選ばれたことに関して、心をわずらわせたり、混乱しないでください。彼が教皇に、そして教会の忠実な王子にふさわしい方であると確信しなさい。彼は反教皇ではありません。彼は本当の教皇です。

 しかし、注意していてください。祈ってください。見ていてください。というのは、彼はとどまるでしょうが、来るべき人物が教皇ベネディクト16世の影のもとにやってくるまでの短い期間です。なぜなら、再度の選挙が今からそう遠くない時期にあるでしょうから。

 私たちの聖なる御母が、ベイサイドの幻視者に、パウロ6世の治世の間に与えたお言葉を思い出しなさい。ペトロの座に反教皇である3人の教皇(カザローリ、ベネリ、ヴィロ)がいて、彼らがパウロ6世をあやつっています。そして、マリア様は1人の反教皇がそのあとにでるはずだとおっしゃいました。しかし、ヨハネ・パウロ1世とヨハネ・パウロ2世がでました。しかし、彼らはよい教皇でした。

 思い出しなさい。聖マラキ司教(将来の教皇を全て預言しました)が「太陽の労働(ヨハネ・パウロ2世)」のあとに2人の教皇を示しています。すなわち「オリーブの栄光」と「ローマ人ペトロ」であり、反教皇たちは彼のリストにありません。

 マリア様は1961〜63年、教皇パウロ6世の治下、ガラバンダルで最後の教皇の前に、この教皇(パウロ6世)のあとに3人の教皇だけがでるはずですとおっしゃいました。オリーブの栄光 − 教皇ベネディクト16世 − (ベネディクトはオリーブの人々(訳注:古くからベネディクト会の会員はこうよばれてきた)) − ですから、以前、私が皆さんに語ったことを思い出してください。あなたたちは反教皇を彼の言葉によって見抜くでしょう。

 これは信仰の偉大なテストです。さあ、勇気を出しなさい。

 神の祝福を

 リトル・ペトロ・アブラハム
 ザ・リトル・ペブル
 [ サイン ]

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpl050420.htm


リトル・ペブルからの声明−教皇ヨハネ・パウロ二世の死に関して−

リトル・ペブルからの声明−教皇ヨハネ・パウロ二世の死に関して−
2005年4月6日。すべての神の子供たちへ。

 復活された主イエズス・キリストの御名において、皆さんに平和と祝福がありますように。

 親愛なる霊魂たちよ、私は皆さんが教皇ヨハネ・パウロ二世の死について困惑しているということを知っています。多くの人々が、さまざまな幻視者たちや恵みを受けた霊魂たちから対立する報告を受け取っています。ある人々は、教皇は偽教皇・詐欺師であったと言っており、真の教皇はローマを逃亡しており、そして大警告は近いと言っています。またある人々は、教皇は他の国にいて病院で危篤状態にあると言っています。

 どうか心を騒がせないでください。なぜなら時として真実は、表面に見えるままではないからです。天の啓示された計画に信頼してください。これは決して変わってはいないからです。ただ方法だけです。それを私たち人間は私たちの理解に従って干渉しますが、それは皆にとってよくあることなのです。しかしながら、皆さんの心に平穏をもたらすために、皆さんは以下のことを知らなければなりません。

◆ 教皇は亡くなったのではありません。たとえ外面的にはそのように見ようとも。

◆ 教皇は深い眠りのうちにあります。

◆ 教皇の肉体が埋葬されると、天使たちはその肉体を取り、遠く離れた土地にそれを隠すでしょう。そこで彼は目覚めるでしょう。そして再び立てられるでしょう。新しい外自然的な(プリターナチュラル)身体を持って。

◆ 教皇の棺は、遺体を掘り出すために何年か後に開けられることになるでしょう。彼の列聖調査が、彼の身体の検査を要求するでしょうから。しかし彼らはそれを見いださないでしょう。

◆ しかるべき時に、教皇はローマへと帰るでしょう。歴史に残る反教皇となるであろう、ペトロの座において支配している教皇を非難するために。皆さんは次の教皇のために祈り、神に信頼しなければなりません。

◆ 反教皇が公然と非難されるとき、教皇ヨハネ・パウロ二世は、聖にして母なる教会の最後の教皇となる、聖ペトロの真の継承者を公表するでしょう。

 1970年代から、80年代、90年代、2000年代にわたる、世界中のあらゆる幻視者からの教皇ヨハネ・パウロ二世に関する予言は真実のままです。

「恵みの仲介者」の教義は宣言されるでしょう。なぜならそれはヨハネ・パウロ二世の書かれた要求の一つであるからです。教会が意識している他の多くの事項についても同様です。

 その言動によってあなたがたは反教皇を識別するでしょう。そしてあなたがたはだれが真の教皇であるかを認識するでしょう。

 真理の印として、神は大いなる奇跡をポーランドにおいて行われるでしょう。神の民に、真の教皇がどこにいるかを示すために。皆さんへの私の言葉を確証するために、世界中の数多くの幻視者たちに与えられたメッセージのいくつかを以下に抜粋します。

 教皇の長寿を祈ります。そして神が教会を照らしてくださるように祈りましょう。私を人生から取り除こうとしている私の敵たちに私が打ち勝つことができるように、どうか私のために祈ってください。今や彼らの牧者を失った多くの羊たちを私が導くことができるように祈ってください。

私は神の従順な下僕であり続けます。


リトル・ペトロ・アブラハム二世
リトル・ペブル


GyaOで放送中!

GyaOで放送中!
無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

「ニュースセレクション 謎のセックス教団」
http://www.gyao.jp/news/
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0049658/


「言葉による預言」と「行ないによる預言」

「言葉による預言」と「行ないによる預言」
 預言者は、言葉をもって預言するか、行ないをもって預言します。ジャン・マリー神父とクララ・ヨゼファ・メネンデスの「正しいSEX」は、行ないをもっての預言です。

 今、神が立てている新しいアダムはリトル・ペブルさんで、新しいエバはベッティーナさんです。

 ジャン・マリー神父は、リトル・ペブルさんの身代わりの代役にすぎず、クララ・ヨゼファ・メネンデスは、ベッティーナさんの身代わりの代役にすぎません。

 この二人の「正しいSEX」は、アダムとエバに与えられていた楽園(パラダイス)が、まもなくイエズス・キリストが再び戻ってこられ、人類に返し与えられるということを、預言する行ないです。

 男性の精子を用いないで女性が妊娠する − つまり、他の生き物のようにではなく、人間だけに神が、夫と妻の愛だけで妊娠をおこすという御計画は、楽園でアダムとエバによってダメにされてしまいました。

 人類に楽園が返し与えられた時、神の御計画は実現し、全ての夫婦は、夫の精子を用いることなく、子供を次々とたくさん、神からさずかります。

 このことをもまた、この二人の「正しいSEX」の行いは預言します。

 これらのことを預言させるために、神はあらかじめ二人の羞恥心(しゅうちしん)をとりのぞいて下さり、皆に裸をさらさせました。

 言葉をもっての預言が公表されなければならないのと同様に、行ないをもっての預言も公表されなければならないからです。

 神の目的は、一人でも多くの人が救われて天国にはいることで、公表も、知られることによって、多くの人々に救いがもたらされるからです。 

2007年10月26日
ジャン・マリー 杉浦洋 神父
Father Jean-Marie of the Risen Son of God


ニュースセレクション 謎のセックス教団

ニュースセレクション  謎のセックス教団
…だそうです(笑)

無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

http://www.gyao.jp/news/
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0049658/


日本の天草でリトル・ペブルに与えられたメッセージ(3)

日本の天草でリトル・ペブルに与えられたメッセージ(3)
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpm414.htm
1993年10月7日 天草四郎と4万人のキリシタンが殉教した原城跡にて

主:
 それはまたこの国、日本の回心のために非常に重要な日である。なぜなら、親愛なる子よ、あなたを通して……この国に回心はもたらされるからだ。そして、わが愛する日本を通して世界さえもが私の元に帰ってくるであろう。なぜなら、私は聖なる殉教者たちの殉教の地と、わが至聖なる御母の聖地に於て、人類の利益のため、この国に大いなる不思議を行なうであろうから。神の母、あなたたちの母にして私の母は、その「かかと」をこの国に据えた。この「かかと」とは、わが息子、聖にして母なる公教会の未来の代理者、愛のリトル・ペブル、地上に於けるわが教会のための神的愛の天使である。そして、あなたたち、わが親愛なる息子、娘たちは、この偉大なる聖寵の証人なのだ。私はあなたたち皆をわが聖心と人類のために負うた聖なる傷から祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 祝されし御母もここにおられます。そして私は聖母の「かかと」を見ることができます。「かかと」には私かおっているのと同じ傷があります。 − 輝く白い十字架があり、聖母は小さな石を握っておられます。聖母は私たちを祝福なさいます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0049658/


日本の天草でリトル・ペブルに与えられたメッセージ(2)

日本の天草でリトル・ペブルに与えられたメッセージ(2)
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpm414.htm
1993年10月7日 天草四郎と4万人のキリシタンが殉教した原城跡にて

主:
 鍵を受けよ……今日、私はあなたに黙示録の鍵と底なしの穴の鍵を渡す。わが至聖なる御母、汚れなきマリアの力を通して……ルシファーを反キリストの人格におけるその高い座から投げ落とすために……あなたの神として、わが手を通して、わが母マリアの清く汚れなき御心を通して、私はあなたに定められた時にルシファーを反キリストとその軍勢と共に地獄へ投げ落とす力を与える − わが再臨において、私が宇宙の王として戻って来る前に。

 これはヨハネ・パウロ2世の足跡を継ぐであろうキリストの代理者としての、あなたに与えられる力を理解するために、今、人類に明かされる秘密である。私はあなたたちを祝福する、わが息子よ、そしてわが子らよ。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 さて、わが親愛なる子よ、そして親愛なる子らよ、私はあなたたちに一つの奥義を明かそう。わが愛する御母にして元后は、その「かかと」によってサタンを踏み砕く者である。「かかと」とは、わが愛する息子、黙示録に言及されているわが至聖なる御母と同じ印と傷を持つわが愛のリトル・ペブルである。「かかと」を通してサタンは踏み砕かれ、底なしの穴に投げ込まれるであろう。そして、あなたはこの穴を開ける鍵を持っているのだ。親愛なる息子よ、乙女マリアの力によってサタンを投げ落とせ。これは今明かされる奥義である。なぜなら、殉教者たちの血を通して何千年にも渡る諸聖人の祈りと犠牲を通して、あなたはこれらの聖寵を三位一体の神から、祝されし乙女マリアのとりなしによって得たのだから。そしてこの日に於て − わが至聖なる御母とその望なるロザリオの祝日に於て − その勝利は天のものとなるであろう。


無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0049658/


日本の天草でリトル・ペブルに与えられたメッセージ(1)

日本の天草でリトル・ペブルに与えられたメッセージ(1)
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpm414.htm
1993年10月7日 天草四郎と4万人のキリシタンが殉教した原城跡にて

リトル・ペブル:
 空には大きな十字架があり、ロザリオのあいだにイエズスは十字架を通って来られました。巨大な二位の天使がおられます。一位は主の左に、もう一位は主の右に。彼らは空の半分を占めています。二位の天使の背後にはとても多くの日本の殉教者たちがおられます。イエズスは更にずっと近くに来られました。主は御手に剣を持っておられます。それは聖ミカエルの剣です。聖ミカエルは十字架の後ろに立っておられ、彼は別の剣をここヘ、この小さな土地に置かれました。

 天軍 − 殉教者たち − からの大きな叫びがあります。皆、次のように叫んでおられます。「勝利はあなたのもの、おお、宇宙の王よ。」 主は更に近くに来られました。主は王としての服装をなさっておられ、冠を被っておられます。イエズスは今、剣を渡されてそれを私にお与えになり、それを二つの金の鍵と共に私の魂のうちに置かれました。鍵の一つは(柄のところが)Mのような形をしており、もう一方の端に十字架がついています。もう一つの鍵はSのような形で、やはりもう一方の端に十字架がついています。主はこの鎖を御取りになり、天使の一位が来られてそれを主の御手から取られ、このネックレスを私の首に掛けられました。主はおっしゃいます。


無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0049658/


一言、言わせてもらえば…

一言、言わせてもらえば…
http://www.gyao.jp/news/

 よくできてるね! 一言、言わせてもらえば、「神のお告げに絶対服従している……」のではなく、神様のお望みにたいして個々の人間には選択の自由がある、ということだす。
 ジャン・マリー神父へのインタビューで、カットされているけど、ジャン・マリー神父は「それをすれば、自分がどういう目にあうかわかっているけど、マリア様を悲しませたくない、マリア様を喜ばせたいから、神様のお望みにに対して喜んでハイと言っています」って、答えてるんだ。

 もちろん、おいらたちも同じだよ。ここにいるみんなは、強制されてではなく、自分達の自由意志で、喜んでハイって言ってマリアママについていってるんだ。


無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

無料インターネットテレビ GyaOで放送中!
ロビーちゃんも映像デビューだね♪

無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

http://www.gyao.jp/news/


GyaOさんで放送中!

GyaOさんで放送中!
無料インターネットテレビ GyaOで放送中!

http://www.gyao.jp/news/

孫十郎もちゃんと映ってるよ♪


GyaOさん、放送決定!

GyaOさん、放送決定!
12月18日(火) 12:00〜
http://www.gyao.jp/news/

よろぴく♪


みんな見るべし!

みんな見るべし!
GyaOさん、放送決定!

12月18日(火) 12:00〜
http://www.gyao.jp/news/

よろぴく♪


業務連絡♪

業務連絡♪
GyaOさん、放送決定!

12月18日(火) 12:00〜
http://www.gyao.jp/news/

よろぴく♪


ロンジン・マリー、

ロンジン・マリー、
わるいけど、うちのあかねは、嫁にやれねえぜ…(泣)

馬場あかね =
ばばあかね? (笑)


業務連絡

業務連絡
盛岡のクボタさんに、漬け物を依頼された方。漬けあがったそうですので、これを見てたら、取りに行ってあげてください♪ (笑)


あやしい…

あやしい…
まぁ、朝からガマンしてくれ(笑)


今日はインターネットテレビのGyaoで…

今日はインターネットテレビのGyaoで…
放映される予定なのだ♪


今朝の一言…

今朝の一言…
タイでエビを釣る…? by クララ

そ、それ、ちょっと違うのでは…?

だってクララ、エビ大好きなんだもん♪


ロビーちゃん、

ロビーちゃん、
マッドマックスを見つめる…


孫十郎とロビーちゃん…

孫十郎とロビーちゃん…
…は仲良しなのだ♪


実話マッドマックス1月号に掲載されますた!

実話マッドマックス1月号に掲載されますた!
実話マッドマックス1月号(コアマガジン社)に掲載されますた!


« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »