« ウィリアム・カムの若い頃のエピソード | トップページ | ◆エルサレム凱旋(「枝の主日」) »

天皇皇后両陛下への直訴状

 私たち日本の聖シャーベル修道会のメンバーは、オーストラリアで不正に投獄されているウィリアム・カム氏(リトル・ペブル)の早期釈放のお力添えを願うため、天皇皇后両陛下をはじめ皇室の方々へ昨年12月から様々なルートでアプローチしてきました。今回は3月26日から3月29日にかけて、神奈川県の葉山御用邸でご静養されている天皇皇后両陛下に直接お会いしてこのことをお伝えしようと努力しましたが、かないませんでした。そこで、今回、両陛下にお渡ししようとした「直訴状」の一部をホームページ上で公開することにしました。 (2006年4月1日投稿)

  天皇皇后両陛下への直訴状(2006年3月17日付)の一部


天皇皇后両陛下への直訴状

これらの「直訴状」はコピーしたものを別途、3月27日夕方に逗子郵便局より速達にて「葉山御用邸」宛てに発送しております。(2006年4月3日追加更新)

  マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ- 2006年4月1日

   
「直訴状の表紙」
(jpeg 57KB)
   
「復活された神の子のジャン・マリー神父の直訴状」(jpeg 93KB)
   
「コルベ・マリー阿部哲朗の直訴状」(jpeg 139KB)
   
「ミシェル・マリー・フランソワ奥田力の直訴状」(jpeg 76KB)
   
「ロンジン・マリー馬場勝吉の直訴状」(jpeg 120KB)
   
「マリー・マドレーヌ杉浦律子の直訴状」(jpeg 143KB)
   
「マリー・レベッカの直訴状」(jpeg 102KB)


« ウィリアム・カムの若い頃のエピソード | トップページ | ◆エルサレム凱旋(「枝の主日」) »