« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

インフルエンザA型

聖シャーベル修道会B型同盟は、A型同盟(インフルエンザ)に完敗しますた。きょ、今日のところはこのくらいで勘弁してやる! 今に見ておれ! ピュ~!(円盤で脱出?!)


集会のご案内 【 静岡県 磐田市 】

【 静岡県 磐田市 】(詳しくはこちらをクリック)
 会の名称 :グレゴリオ聖歌練習会
 日 時  :( 未定です )
 会 場  :「アミューズ豊田」選手控室
       (〒438-0831静岡県磐田市上新屋304)


集会のご案内 【 大阪 】

【 大 阪 】(詳しくはこちらをクリック)
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
        
3階301室
        大阪市西区土佐堀1-5-6

http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


東京共同体 第4部門受入れ式

 1月22日、横浜において東京共同体の第4部門受入れ式が行われました。東京共同体の創立メンバーのうちの2人、ミシェル・ジョゼ山本と、オーガスタン・マリー山田が、荘厳なトリエント・ミサの間、正式な聖シャーベル修道会第4部門会員として受け入れられました。ジャン・マリー神父はミサ中の説教で、メンバーたちに「英雄的な勇敢さ」を持つように励ましました。そして神様は、その人の能力、知識、行いetcではなく、どんな人であれ、「あなたの存在そのもの」を愛し、欲していることを強調しました。
 ミサ後、マリー・マドレーヌにイエズス様とマリア様からのローキューションがあり、東京共同体へ天からの励ましの公的メッセージが与えられました。「東京は日本の大改心の中心になる。勇敢であれ!」とのことでした。
 先に受け入れられた、第3部門修練者 ミシェル・マリー・フランソワ奥田力、そして今回の第4部門会員 ミシェル・ジョゼ山本、オーガスタン・マリー山田、この3人を中心として、これからの東京共同体の大活躍に、イエズス様、マリア様、ヨゼフ様の大いなる祝福があらんことを!
060122_4thnyuukai01

受入れ式で、ジャン・マリー神父から聖シャーベル修道会の会則会憲を受けるオーガスタン・マリー山田


皆瀬川の白鳥さん

うちの近くの皆瀬川には、白鳥がいるのですわ。昨日、みんながして見物に行きますた。人に慣れているのか、逃げないで寄ってきました。
060117_hakucho01
「麩(ふ)」をエサにやる。堅すぎるのか、あまり食べませんでした。「あられ」は食べていたようです。


060117_hakucho02
今日はカモの方が多い。300羽くらいはいるでしょう。白鳥は10羽くらいでした。いつもはもっといるんですけどね。


060117_hakucho03

皆瀬川の「白熊」さん。


ポンショ・ピラト

 リトル・ペブルさんと一致した幻視者に与えらた、最近の私的啓示で、ひとつびっくりしたことがあります。天の方々と一緒にやってこられた人々の中に、ポンショ・ピラトがいたことです。彼は、彼の妻クラウディアと一緒にやってきました。このような啓示は初めてのことだと思います。
 識別が必要ですが、このことが本当ならば、彼は約2千年の間、煉獄にいて、今、解放されて天国に入ったことになります。皆さん、最近公開された「パッション(受難) - キリストの最後の24時間」という映画を見ましたか? この中で、ポンショ・ピラトがイエズス様をユダヤ人から救おうとして苦悩している姿が描かれています。彼に期待された行為は、後に彼にふりかかる災いを恐れずに、「私はこの人に何の罪も見出さない! お前達は今すぐここを立ち去れ! さもなくばローマの厳しさを見せてやる!」と宣言して、イエズス様を釈放することでした。
 残念ながら、弱虫で卑怯者の彼は、ユダヤ人たちの脅迫に屈して、イエズス様に死刑を宣告してしまいました。その良心の呵責は、彼を長い長い煉獄の償いに追いやることになりました。彼がかろうじて救われたのは、主に妻のクラウディアの取次ぎによるものだと思います。
 ああ、地位の高い人々の責任は何と重いことか! 「多く与えられた者は、多く要求される」 地位の高い人々には、それにふさわしい英雄性が求められます。死後の裁きにおいて賄賂は通用しません。この世の権勢も、この世の有力者も、誰もあなたを弁護してくれません。
 現代において、上から下にいたるまで、何と多くのポンショ・ピラトがいることでしょう! 「私には何も不足するものがない! 私はやることはやった」と言って、驕り高ぶるあなたたち! 神の裁きを恐れなさい! 多く与えられたあなたたちは、神様から多くを要求されています!
 あなたたちはポンショ・ピラトのようであってはなりません! 特に高い地位にいるあなたたち! あなたたち一人一人の肩には、何百万人、何千万人の霊魂たちの永遠の運命がかかっているのです! 
 ほとんど何も持っていない、あるいはこの世で苦しみだけをもらっている霊魂たち、あなたたちはその惨めさ、苦しみをささげることで、この多くをもらっているが怠惰で、卑怯者の霊魂たちを支えなさい!


東京コミュニティーホームページDEBUT!(デビュー)

東京コミュニティーのホームページができました。
皆さん”今すぐクリック!””今すぐアクセス!”
終末の”光の子供達”と日本大改心”のための
ナビゲーターページ”を目指します!
        
★★★★東京コミュニティー★★★★
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tokyocharbel/

これからもどんどんアップ・グレードしていきますのでどーぞよろしくお願いしまーす。ブログ版HPも計画中でーす。乞うご期待!

Presentrd by東京コミュニティーホームページ制作委員会


愛の単純な2つの掟

イエズスは、「汝の全心、全霊、全ての知恵をつくして、汝の主なる神を愛せよ!』 これが第一の最大の掟である。 第二のもこれと似ている。 『汝の隣人を自分と同じように愛せよ!』 すべての律法と預言者は、この2つの掟による」と答えられた。
(マテオによる福音書第22章37~40節)

 十戒も、すべての「掟」と呼ばれるものも、この2つの単純な大原則を通してみれば、すべて単純明快に理解できます。皆さん、「シンドラーのリスト」という映画を見たことがありますか? 彼は女ったらしの遊び人でしたが、目の前でナチスドイツによって殺されようとしているユダヤ人を見て、八方手を尽くして彼らをかばい、救いました。世間的には違法といわれる手段を用いてでさえです! 彼は今、天国で偉大な聖人として私たちを助けてくれています。彼はどんなに偉大な司祭や神学者たちよりも、上記の単純な愛の掟を理解し、全力で実行したのです! ねっ、簡単でしょ。

 「まことに遊女や収税人が、あなたたちファリサイ人や律法学者よりも先に天国に入る」というのは、現代においてもまったくの真理なのです!


「もう一方のほおを向ける」とは何を意味するか?

 また、知ってのとおり「目には目を、歯に歯を」と教えられた。だが私は言う、悪人に逆らってはならぬ。人があなたの右のほおを打てば、他のほおも向けよ。人があなたの上着をとろうとして訴えれば、外套もやるがよい。人があなたを一千歩歩かせるために徴用すれば、彼とともに二千歩を歩け。物をこう人があれば与え、借りたい人にも背をむけるな。
(マテオによる福音書第5章38~42節)

 1994年12月23日、私(リトル・ペブル)は「ソーンブッシュ」を通して別の質問をしました。「お母様、私とあなたの子供たちに、『もう一方のほおを向ける』とは何を本当に意味しているのかを教えていただけませんか。そして他の人を裁くな、とは?」

 聖母は以下のように答えられました。

聖母:「わが愛する、愛された『リトル・ラム』よ。もう一方のほおを向けるとは、内面的に苦しみ、あなたを迫害しあなたに苦しみを引き起こす人々のために絶え間なく祈り続けることを意味します。もう一方のほおを向けることは、栄光ある勝利に向けてのわが神なる息子の歩みに従う有徳な霊魂の非常に深遠な印です。いかなる復讐も望まず、いかなる恨みも抱かない霊魂の。私はあなたを愛しています、わが愛する『リトル・ラム』よ。そして私は私の清き有徳な汚れなき御心のすべてをもってあなたを祝福します。……」


中国・ロシア・北朝鮮からの侵略

聖母:「……甘美なる子らよ、ロシアはヨーロッパと合衆国への侵略を計画しています。この国はまた日本への攻撃も計画しています。それ故甘美なる子らよ、あなたたちは祈らなければなりません。邪悪が広まるのをくい止めるために祈らなければなりません。多くの霊魂を救うために祈らなければなりません。なぜなら、彼らの多くは準備していないからです。あなたたち甘美なる子らよ、あなたたちの祈りと犠牲によって多くの魂たちを強めなさい。
 私はわが聖寵を彼らの心の中に注ぎ、彼らを強めましょう。それ故、わが親愛なる子らよ、私はあなたたちに兄弟姉妹のための意向をもってしばしばロザリオを祈ることを求めます。あなたたちの祈りによって私は彼らを助けることができるのです。
 日本の愛する子らよ、あなたたちの心を準備しなさい。なぜなら多くの災害、不幸があなたたちの国において起こるでしょうから。天の御父は自然の諸力を通して御力を御示しになるでしょう。神は非常に御怒りになっておられます。あなたたち甘美なる光の子らよ、恐れることなく更に祈りなさい。これら全ての出来事は信じない無関心な者たちへの印となるでしょう。神が神であることを彼らが理解できるようになるための。恐れてはなりません、甘美なる子らよ、あなたたちの家で祈りなさい。しばしばロザリオを祈り、私たちを慰めるために私と神なる息子のためにあなたたちの十字架を担いなさい。なぜなら、私たちは地上の膨大な罪のために嘆いているからです。
 日本のわが子らよ、恐れてはなりません。なぜなら私、あなたたちの母はあなたたちと共にいるからです。私と神なる息子を愛しなさい、私はあなたたちを見捨てることはないでしょう。……」
(リトル・ブラザー・イン・クライストに与えられたメッセージ - 1993年8月13日)
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lbic930813.htm

lbic930813_japan_sinryaku


メッセージNo.395(抜粋)

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpm395.htm
--------------------------------
リトル・ペブルに与えられたメッセージ(抜粋)
- 1993年7月3日 No.395 -
--------------------------------
主:「モンゴルの人々のために祈りなさい。モンゴルには今、多くの苦難があるのだから。しかし、その苦しみは世界には隠されている。まもなく災害が日本列島を打ち、瓦礫の中で多くの人々が滅びるであろう! 眠りこけている子供たちの目を覚ますために、まもなく大警告が世に来る!」


メッセージNo.464(抜粋)

--------------------------------
リトル・ペブルに与えられたメッセージ(抜粋)
- 1994年12月31日 No.464 -
--------------------------------
……聖母は、世界に訪れようとしているさまざまな懲罰の数多くのビジョンを私に見せるためにマントを開かれました。ネパールにおける懲罰がありました。それは激しい戦闘を伴った共産主義者の蜂起のように見えました。ユーゴスラビア、クロアチア、ボスニアにおいてはさらなる戦闘がありました。中国は、ラオス、カンボジア、ベトナムに対する影響力と権力を拡大していました。北朝鮮において私は激しい戦闘を見ました。ロシアはさらに多くの戦闘にかかわっていました。モロッコにおいても戦闘が起こっていました。大きな波が、アイルランドとイングランドの海岸地帯を水浸しにしていました。カナダで氷河が割れて、そして多くの洪水と損害を引き起こしました。私はまた日本における非常に激しい地震を見ました。オーストラリア北部にも問題があります。多くのサイクロンです。多くの洪水がそこで、そしてさまざまな国で、起こっています。世界中での多くの戦争があります。そしてまた多くの火山活動が見えます。噴火、世界における多くの混乱と多くの死が。……


空の鳥を見よ!

 人は二人の主人に仕えるわけにはいかぬ。一人を憎んでもう一人を愛するか、一人に従ってもう一人をうとんずるかである。神とマンモン(悪魔・世間・肉欲)とに、ともに仕えることはできぬ。だから私は言う、命のために何を食べようか、何を飲もうか、また体のために何を着ようかなどと心配するな。命は食べ物にまさり、体は衣服にまさるものである。
 空の鳥を見よ。まきも、刈りも、倉に納めもせぬのに、天の父はそれを養われる。あなたたちは鳥よりもはるかに優れたものではないか。あなたたちがどんなに心配しても、寿命をただの一尺さえ長くはできぬ。
 なぜ衣服のために心を煩わすのか。野の百合がどうして育つかを見よ。苦労もせず、紡ぎもせぬ。私は言う、ソロモンの栄華のきわみにおいてさえ、この百合のひとつほどの装いもなかった。今日は野にあり、明日はかまどに投げ入れられる草をさえ、神はこのように装われる。ましてあなたたちによくしてくださらぬわけがあろうか。
 信仰うすい人々よ。何を食べ、何を飲み、何を着ようかと心配するな。それらはみな異邦人が切に望むことである。天の父はあなたたちにそれらがみな必要なことを知っておられる。
 だから、まず神の国とその正義を求めよ。そうすれば、それらのものも加えて与えられる。明日のために心配するな。明日は明日が自分で心配する。一日の苦労は一日で足りる。

(マテオによる福音書 第6章24~34節  )


メッセージNo.511(抜粋)

--------------------------------
リトル・ペブルに与えられたメッセージ(抜粋)
- 1996年3月13日 No.511 -
--------------------------------
主:「中国、台湾、香港、日本、フィリピンのために祈りなさい。なぜならわが子供達が祈らない限り、多くの災害がこれらの地域において起こるであろうから」

 私は今、天の大部分は消え去ったのを見ることができます。南シナ海が見えます。日本の下の方の部分と中国と中国本土の下の部分の間のどこかです。私は数多くの軍艦を見ることができます。大きな船のひとつに中国の旗があります。私はアメリカの空母を見ることができます。そして多くの他の船を。オーストラリアの軍艦さえもあります。ニュージーランドも。その地域へ向かって動いています。私は一つのミサイルがアメリカの船に着弾するのを見ました。日本もまたその領域に船を送っています。私にはそれはより小さな船に見えます。私はそれらの違いを知りませんが、私には小さな軍艦に見えます。それは非常に非常に混乱しているように見えます。私は香港が炎に包まれているのが見えます。中国沿岸には、多くの火事が見えます。しかし私は中国の南部に大きなミサイル運搬車を見ることができます。今ヴィジョンは消え去りました。

主:「私の甘美な子供たちよ。私が私の小さな息子に見ることを許したものは、非常に短期間のうちにやってくるであろうことである。私は今私の子供たちすべてに、私のいと聖なる御母の呼びかけに耳を傾けるように、そして世界中で創立されているそのいくつもの修道会に入るように招く。終わりの時のそのいくつもの修道会、それは、間もなく起こる私の再臨のときに始まる新しい聖なる時代に入るために、人類を準備するものなのだ」


ゲホゲホ共同体

 おらが感染源かどうかわがんねども、みんな風邪ひいてゲホゲホやってます。「(薬をもらいつつ) ゲホッ、ゲホッ……すまないねぇ~……」


新年おめでとうございます!

十M アヴェ・マリア

 皆さま、新年おめでとうございます!

 お気づきかもしれませんが、新しいカテゴリー「荒野で叫ぶものの声」「聖福音のコーナー」をもうけました。私たち聖シャーベル修道会は、母なる公教会と全世界の再福音化のためにイエズス様の福音を告げると同時に、終わりの時の「預言者」の使命を果たさなければなりません。「荒野で叫ぶものの声」は皆さんにとって実に耳に痛いことを大声で伝えます。と同時に、知ってるつもりでも実は全然知られていないイエズス様の福音を、できるだけわかりやすく単純に「聖福音のコーナー」で伝えていこうと思っています。イエズス様の限りないあわれみ、やさしさ、愛を伝えることができればと願っています。

 マザー・テレサがおっしゃった「日本のカルカッタで働きなさい……」とは、日本人の精神の貧困のことです。まことの神様を知らない同胞たちに、福音の御言葉、霊魂のパンを与えることにまさる愛徳の業はありません。私たちは「燭台の上の灯火」「丘の上の輝く街」になりましょう! 今日から、イエズス様、マリア様を知らない兄弟姉妹たちのために、全力で宣教しましょう! 

 せば! マリア様の祝福が豊かにありますように!

Kolbe-Marie 阿部哲朗


« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »